FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/87-2435f9d3

トラックバック

コメント

[C368] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C369] どこかに単行本化されてませんか?

いつも小説拝読させていただいております。
ときどき昔の作品を読みたくなるのですが、
どこかで単行本化されていませんでしょうか?

[C370] Re: タイトルなし

そうなんですよ、思ってた以上に違う印象に。
ちなみに来週から旅行に行くんですが、それをきっかけに自分の鞄を今は作ってます。
  • 2012-05-01 10:42
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C371] Re: どこかに単行本化されてませんか?

ありがとうございます。
残念ながら単行本にはなってないんです。
赤字になってしまうので、、、、

過去作品だと
http://www.g-men.co.jp/
こちらのサイトの下の方にある
「コミック、グラビア小説配信」からか(これはパソコンから)
「携帯スマートフォンサービス」から(携帯から。たぶんスマートフォンはまだ無理かも)。

もしくは、こちらからとなります。
http://www.badi.jp/shop/ebook_index.html

過去作品じゃないですが、こちらでもひとつだけ発表してます。
http://www.amazon.com/
osamu kodamaと検索していただければ出てきます。


どれも紙の本と比べたらいろいろ面倒かも、、、
すいません。

  • 2012-05-01 10:57
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C372] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C373] Re: パグ

返信おそくなってすいません。
やったつもりになってました、、、
この鞄の後に自分用のものを作って、それを持って今、香港にきています。
くわしくはまた次の記事でお知らせしますね。
  • 2012-05-11 23:58
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C384] 良かったです

本誌で読ませていただきました。
やはりGJ!

小玉さんの「年上の男が恥らいながらも墜ちていく」小説が大好きです。
これからも応援しています。
  • 2012-06-20 11:39
  • URL
  • 編集

[C385] Re: 良かったです

ありがとうございます。
ところで、GJってなんですか?
検索したらgood jobの略、のようなことが書いてあったんですが、それであってますよね?
  • 2012-06-20 23:37
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C386] GJ

はい、GoodJobの略です。

50のオヤジが見栄で使用しました^^;
  • 2012-06-21 09:55
  • URL
  • 編集

[C387] Re: GJ

五十代、もっとも素敵な年代ですよー
  • 2012-06-22 23:30
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『喪服の男たち』後編さわり





姪バッグを見た母からリクエストされ、作製。




姪バッグより一回り小さくと言われ、型紙から作り直し










 会社帰りに落ち合っておれのアパートへ行った。ドアを閉めるとすぐさま抱きよせて首筋に顔を埋めてしまう。あー、この人の匂いだと鼻鳴らしながら舌を出し、塩辛い肌を舐め回した。
「う、ああ……」
 もみ合うようにして部屋の中に倒れ込み、襲いかかるようにキスをした。くちゃくちゃと舌を絡ませてから薄目開けると、小早川さんはうっとりした顔でされるがままだ。やっぱり渋い、かっこいい、セクシーだ。
「ん、あ?」
「じっとしててください」
 スラックスとパンツを一緒に膝までずり下げてやった。はじめはそのまま脱がしてしまうつもりが、引っかかったところを見たら、なんかエロいのだ。窮屈な格好で、だけどおれにされるがままの小早川さんの姿にグッときた。こういう大人の男の人がこういう格好って……。
 今夜は喪服じゃないけれど、スーツでも十分興奮させられる。
「縛られてるみたいだ」
「ちゃんと脱がした方がいいスか?」
「……どっちでも、好きにしてくれ」
 そう言って小早川さんは目を逸らした。なんか想像させるものがあった。
「縛ったりとかも、そのうちやってみたいなあ」
 半分ふざけて言ったのだ。だけど小早川さんは横を向いたまま低い声で、いいぞと言った。
「経験あるんスか?」
「なくもない」






ただいま発売中のGメン六月号から
『喪服の男たち』
が掲載されています。

前後編になっていて、今回さわりとして紹介しているのは
後編の冒頭ととなります。
五月下旬発売の七月号に掲載される予定です。

続きは本誌で読んでいただけたらうれしいです。






この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/87-2435f9d3

トラックバック

コメント

[C368] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C369] どこかに単行本化されてませんか?

いつも小説拝読させていただいております。
ときどき昔の作品を読みたくなるのですが、
どこかで単行本化されていませんでしょうか?

[C370] Re: タイトルなし

そうなんですよ、思ってた以上に違う印象に。
ちなみに来週から旅行に行くんですが、それをきっかけに自分の鞄を今は作ってます。
  • 2012-05-01 10:42
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C371] Re: どこかに単行本化されてませんか?

ありがとうございます。
残念ながら単行本にはなってないんです。
赤字になってしまうので、、、、

過去作品だと
http://www.g-men.co.jp/
こちらのサイトの下の方にある
「コミック、グラビア小説配信」からか(これはパソコンから)
「携帯スマートフォンサービス」から(携帯から。たぶんスマートフォンはまだ無理かも)。

もしくは、こちらからとなります。
http://www.badi.jp/shop/ebook_index.html

過去作品じゃないですが、こちらでもひとつだけ発表してます。
http://www.amazon.com/
osamu kodamaと検索していただければ出てきます。


どれも紙の本と比べたらいろいろ面倒かも、、、
すいません。

  • 2012-05-01 10:57
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C372] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C373] Re: パグ

返信おそくなってすいません。
やったつもりになってました、、、
この鞄の後に自分用のものを作って、それを持って今、香港にきています。
くわしくはまた次の記事でお知らせしますね。
  • 2012-05-11 23:58
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C384] 良かったです

本誌で読ませていただきました。
やはりGJ!

小玉さんの「年上の男が恥らいながらも墜ちていく」小説が大好きです。
これからも応援しています。
  • 2012-06-20 11:39
  • URL
  • 編集

[C385] Re: 良かったです

ありがとうございます。
ところで、GJってなんですか?
検索したらgood jobの略、のようなことが書いてあったんですが、それであってますよね?
  • 2012-06-20 23:37
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C386] GJ

はい、GoodJobの略です。

50のオヤジが見栄で使用しました^^;
  • 2012-06-21 09:55
  • URL
  • 編集

[C387] Re: GJ

五十代、もっとも素敵な年代ですよー
  • 2012-06-22 23:30
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。