FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/77-9582df7a

トラックバック

コメント

[C332] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C335] Re: タイトルなし

残念ながら、この壮年の男たちは出てこない話なんですよ。
おじさんがいっぱい出てくる話っていうのもいいですね……。
  • 2012-01-20 19:18
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

さわりのさわり






 海風は冷たく湿っていた。暦は春でもまだ当分気温は上がらない。空はどんよりとして、重々しい雲に覆われている。その下に広がる海はあいかわらず灰色で寒々しい。
 手元がかじかんで息を吹きかける。かぎ針で網の手入れを続けてもう三時間。お袋と二人で黙々と手を動かしている。港の漁師小屋の前で、コンクリートに尻餅ついているからケツも冷え切っている。お袋はさすがに座布団を使っているが、手はあかぎれで真っ赤だ。二人とも、まるでしゃべらなかった。もうずっとこうだ。二人でいて、用件もなしにしゃべることはまるでない。親父が死んでからはずっと。
 港の一本向こうの道にバスの走ってくるのが見えた。一日に三本しかないバスの、夕方の便だ。いつもは病院帰りの老人しか乗っていないバスから、壮年の男たちが十人以上も降りてくる。一人、まだ比較的若そうな男が立ち止まってこっちを見ていた。比較的、といっても、オレより十は年上の、三十代だろう。その男たちを出迎えるように、船頭たちが取り巻いている。どの船で雇うか話しているのだ。





たぶん、三月発売のSM-Z春の号に掲載されるはずです。
冒頭部分になります、というか、その予定。
まだ編集様からOKが出たわけじゃないので、大幅に変更される可能性もあります。





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/77-9582df7a

トラックバック

コメント

[C332] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C335] Re: タイトルなし

残念ながら、この壮年の男たちは出てこない話なんですよ。
おじさんがいっぱい出てくる話っていうのもいいですね……。
  • 2012-01-20 19:18
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。