FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/64-dab8ed54

トラックバック

[T1] ガンほど厄介きわまる病気はない!でも・・・

がんはとても深刻で苦しい病気です。その状況は実際に罹った者にしか分らないのかもしれません。それでも、誰にでも共通する思いは、何とかその状況を打開したいという思いではないでしょうか?

コメント

[C239]

うちの両親ももう70前後になっているので、ちょうど先月あたりに救急車で病院に運ばれて、入院通院という状況になってます。
重なるときって重なりますよね。
看病で元気なほうにも負担がかかったりして。
考えなくちゃいけないこといっぱいあるのにまだ突っ込んで考えられません。いつまでも元気じゃないんですよね。
覚悟を決めるのは、いまでも怖いです。
  • 2011-08-01 12:44
  • 桜庭
  • URL
  • 編集

[C240] 病

うちも相方が病気で、本人も辛いのでしょうが、側にいる事しかできない俺もかなり堪えます。でも、諦めたくはないです。
本人がくじけた時に支えられるように、できるだけ前を向いて、できることをするしかないんですよね。
  • 2011-08-01 22:38
  • むんく
  • URL
  • 編集

[C241] Re: タイトルなし

ほんといつまでも元気でいてくれれば一番なんですけどね。
どんどん近づいているという感覚がありますよね。
自分のこともそうだなと思います。
明日、事故にあうかもしれないし、来月、重い病気になるかもしれない。
人生、下り坂。
って、そこまで後ろ向きでもないですが。
  • 2011-08-02 00:24
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C242] Re: 病

大変ですね。
僕もずっと昔、ある人の面倒を見ていたので、お気持ち少しわかります。
支えられる側はもちろんつらいでしょうけど、
支える側もつらいもの。
適度に力を抜いて、気晴らしもしてくださいね。
  • 2011-08-02 00:30
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C243] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C244] Re: タイトルなし

ありがとうございます。
その後、父の様子は日に日によくなってきている感じです。
ほんとみんなもっと若くて元気ならいいのに、と思います……。
自分の好きな人が全員自分よりずっと年下だったらいいのに、なんてアホなこと考えたり。
  • 2011-08-02 10:33
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C245]  

気候が不順なせいか、この夏は体調を崩す方が多いですね。
かく言う我が母も軽い肺炎と診断されて治療中です。来年80になりますが。

>自分の好きな人が全員自分よりずっと年下だったらいいのに

その気持ち、すごくよくわかります。
好きな人が老いて衰えていくのを見るのは辛いですね。
まあ自分自身も確実にジジイ化しているのですけど。(汗)

気分転換したい時はお茶しましょ。
近所まで行きますよ~。
  • 2011-08-02 16:04
  • きーひら
  • URL
  • 編集

[C246] 肺炎

きーひら様。
肺炎ってほんと危険な病気なので気をつけてあげてくださいね。
って、言われずともでしょうが。
ほんとみんな若返って、ついでに自分も若返りたいものです。

落ち着いたらぜひお茶してくださいね。
  • 2011-08-03 23:58
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C247] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C248] Re: タイトルなし

返信が遅くなってすいません。
なんとかやっておりますので。
手がなかなか進みませんが、また手芸ネタも書きますねー
  • 2011-08-18 23:31
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

斜陽






悪いことは続くものと言いますが、
あんまり続いていて、ちょっとマイッてます。




彼氏のシーズーが死んでしまった後、まず母が入院。

朝方、尿意を覚えてトイレに行ったら、
犬が二匹してわさわさと駆け寄ってきたので、
しかたなくおやつでも与えておとなしくさせようと居間に入ると、
母が座椅子にもたれていたのです。
で、「背中が痛くて、救急車を呼ぼうかどうしようかずっと迷ってた」と。
さっそく119。
睡眠時間三時間で病院に行き、結果が出るまで三時間ほど待ちました。
医者が言うには「肺炎」と「肋膜炎」(胸膜炎)とのこと。
CT画像によると妙なふくらみがあり、癌の可能性もあると言われて。
一週間入院。
癌ではなかったので、まあ、よかったよかった。



その翌週だったか、いつものように週日、彼氏宅に行き、その翌朝。
ここのところ、
朝の散歩は彼氏が一人で行ってくれたりしてたんですが、
その日は目が覚めると彼氏がまだ横に寝ていて、
「ぼく、散歩行けない」と言い出して。
具合が悪いようなので様子を聞くと、
一晩ずっと気分が悪くてまともに寝られなかったと。
症状からして、この数年ですでに二回入院している持病の膵炎らしい。
「病院に行こう」と連れて行き、
検査したり待たされたりで昼近くになった頃、
入院決定。
彼氏は渋っていたんですが、
仕事がはじまるまでまだ三日ほどあったので、
せめてそれまで入院しなさいと医者に言われたようで。
こちらは二泊しか入院せず、出てきてしまいましたが。
ちなみに入院中から預かった彼氏のミニピンは翌週までうちで面倒みました。
去年の入院でも預かっているから、
すんなりうちに溶け込んでくつろいでた。。。



そしてその翌週の週末、彼氏宅から実家に戻り、
一晩過ぎた夜、部屋でのんびりゲームをしていると母に呼ばれて。
うちは階段を下りると風呂場の前になっていて、
そこで全裸の父が中腰の格好でビクビクッと痙攣してました。
声をかけてもまともに反応せず、目つきもうつろ。
風呂上りなのに体は冷たいし、去年やった脳梗塞がぶりかえした様子。

後ろから抱えて寝かせて声をかけても、目はひんむいているし、
口から泡吹いてるし、そもそもうちの父、ガリガリに痩せていて、
全身真っ白なので、まるでホラー状態。
すぐさま119。
母も僕も父の死を覚悟したというか、予想せざるを得ない状況でした。

姉も呼び出して、姪と甥と五人で病院に詰めて、
深夜の時間帯に何時間も待って、
ようやく処置が終わって家に帰り着いたのは朝の五時。
それでも命は助かったし、
数日は意識が戻らないだろうと言われたのが、
翌日には意識が戻り、
脳の混乱状態も一週間の間に徐々に落ち着いてきたんですけどね。

あ、手術などはしてないです。
去年やった脳梗塞の後遺症で引き起こされたてんかん発作だったとのこと。
うちで痙攣して、救急車で痙攣して、病院でも痙攣して、
三度発作を起こしたので、
「このまま意識が戻らず死んでしまう可能性もかなりあります」
と医者に言われたので、
今振り返ると回復ぶりはかなりいいようです。

しかし今も、週に何度も遊びにきている自分の孫息子の名前が思い出せない。
自分の眼鏡を見て、「おれのじゃないよ」と言い出したり。
はじめの数日は、しゃべるのもフニャフニャ言って、意味不明のことばかり言ってたんですよ。
父のかつての釣り仲間から魚が届いたと報告したら、
「あー、○×丸か」
と天井を凝視して、まるでそこに釣り船があるかのような様子に。
それもまた、少し濁った目を見開いてずっと凝視するので、
完全にホラー。
怖かった。

そういうのも今はなくなって、話しぶりもまともですけども。
しかし以前の父とはもう違うんですよね。
当たり前の話ですが、昔に戻ることはない。
もう、昔の父には会えないのかと思うと、やっぱりつらい。





もともと後ろ向きの性格なわけですが、
こうもいろいろ続くとほんと落ち込みますねー。

しかし、なるようにしかならないので、なんとかやっていくしかないですが。




(暗い話続きですいません)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/64-dab8ed54

トラックバック

[T1] ガンほど厄介きわまる病気はない!でも・・・

がんはとても深刻で苦しい病気です。その状況は実際に罹った者にしか分らないのかもしれません。それでも、誰にでも共通する思いは、何とかその状況を打開したいという思いではないでしょうか?

コメント

[C239]

うちの両親ももう70前後になっているので、ちょうど先月あたりに救急車で病院に運ばれて、入院通院という状況になってます。
重なるときって重なりますよね。
看病で元気なほうにも負担がかかったりして。
考えなくちゃいけないこといっぱいあるのにまだ突っ込んで考えられません。いつまでも元気じゃないんですよね。
覚悟を決めるのは、いまでも怖いです。
  • 2011-08-01 12:44
  • 桜庭
  • URL
  • 編集

[C240] 病

うちも相方が病気で、本人も辛いのでしょうが、側にいる事しかできない俺もかなり堪えます。でも、諦めたくはないです。
本人がくじけた時に支えられるように、できるだけ前を向いて、できることをするしかないんですよね。
  • 2011-08-01 22:38
  • むんく
  • URL
  • 編集

[C241] Re: タイトルなし

ほんといつまでも元気でいてくれれば一番なんですけどね。
どんどん近づいているという感覚がありますよね。
自分のこともそうだなと思います。
明日、事故にあうかもしれないし、来月、重い病気になるかもしれない。
人生、下り坂。
って、そこまで後ろ向きでもないですが。
  • 2011-08-02 00:24
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C242] Re: 病

大変ですね。
僕もずっと昔、ある人の面倒を見ていたので、お気持ち少しわかります。
支えられる側はもちろんつらいでしょうけど、
支える側もつらいもの。
適度に力を抜いて、気晴らしもしてくださいね。
  • 2011-08-02 00:30
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C243] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C244] Re: タイトルなし

ありがとうございます。
その後、父の様子は日に日によくなってきている感じです。
ほんとみんなもっと若くて元気ならいいのに、と思います……。
自分の好きな人が全員自分よりずっと年下だったらいいのに、なんてアホなこと考えたり。
  • 2011-08-02 10:33
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C245]  

気候が不順なせいか、この夏は体調を崩す方が多いですね。
かく言う我が母も軽い肺炎と診断されて治療中です。来年80になりますが。

>自分の好きな人が全員自分よりずっと年下だったらいいのに

その気持ち、すごくよくわかります。
好きな人が老いて衰えていくのを見るのは辛いですね。
まあ自分自身も確実にジジイ化しているのですけど。(汗)

気分転換したい時はお茶しましょ。
近所まで行きますよ~。
  • 2011-08-02 16:04
  • きーひら
  • URL
  • 編集

[C246] 肺炎

きーひら様。
肺炎ってほんと危険な病気なので気をつけてあげてくださいね。
って、言われずともでしょうが。
ほんとみんな若返って、ついでに自分も若返りたいものです。

落ち着いたらぜひお茶してくださいね。
  • 2011-08-03 23:58
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C247] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C248] Re: タイトルなし

返信が遅くなってすいません。
なんとかやっておりますので。
手がなかなか進みませんが、また手芸ネタも書きますねー
  • 2011-08-18 23:31
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。