FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/59-927bf24f

トラックバック

コメント

[C201] 震災後

とにかくお怪我がなくて幸いです。
こちらは、大規模な物理的損壊はありませんでしたが、物流のストップとガソリン不足でかなり苦しめられてます。
そちらや被災地の方に比べたら大した被害じゃないんでしょうが、少しでも良い方向に向かって欲しいものです。
  • 2011-03-22 00:51
  • むんく
  • URL
  • 編集

[C202] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C203] Re: 震災後

ほんと物流がもうちょっと正常化してくれないと、困りますね。
その分、被災地に行くのならぜんぜんかまわないけど、ほとんどは無駄な買い占めのせいなんだろうし。
まだまだ油断できない状況のようなので、むんくさんもお気をつけくださいね。
  • 2011-03-22 22:27
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C204] Re: タイトルなし

ありがとうございます。
とにかく被害はまったくないんですが、今は停電がね……。
被災地の方々を思えばなんでもないことですが、自分たちがいかに電気に依存した生活を送っているのか思い知らされましたです。
それと、今はまだいいとして、夏場まで続くとなると、冷房の問題が出てきそうです。
人間は我慢すればいいけれど、犬たちは場合によっては生死に関わることなので。
  • 2011-03-22 22:34
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

液状化





今回は自分のための記録として書くことにします。


11日の地震の時、彼氏宅にいまして、
そろそろ実家に戻るために出ようかな、と考えているところでした。
どんどん揺れが強くなって、犬はあわててあちこち逃げ回り、
彼氏の水槽がタプンタプンと波打って水があふれました。

とにかく逃げ道の確保、と戸を開けたりしている中、彼は水槽に駆け寄って
「雑巾、タオル、持ってきて!」
彼氏宅は二階でして、水がこぼれると当然ながら下の階に染みていくのです。
「今はそんなこと気にしてる場合じゃないよ! 命の方が大事でしょ!」
「いいからタオル持ってきて!」
ユラユラ揺れているさなか、二人で叫びあい、怒鳴りあい。

で、震度5強くらいの場所なんですが、まあ、歩くことはできたので、
雑巾やらタオルやら取りに走り、水槽まわりに敷き詰めて。

小さなタオルは絞ったりなんだり、忙しく動きまわっている間に、
テレビではおそろしい映像が次々と映し出されてきました。

犬たちは性格が出ますね、こういう時。
シーズーのおばあさんは、ちょっと驚いた程度で、あいかわらずぼんやりした顔。
2匹のミニピンは人間があわてている横で一緒になってうろうろして、
パグは最初の大きな揺れでビビッてマッサージ椅子の後ろに隠れて、
ようやく出てきたところでまた大きな揺れがあって、今度は僕に飛びついてきました。
一番体が大きいんだけど、一番気が小さい。
後でわかったことですが、マッサージ椅子の裏には一粒だけうんこが落ちていたそうです。
ショックで出ちゃったみたいで。

最初の地震の直後に実家に電話したので、無事は確認できたんですが、
問題は姪と甥と姉。
姪は学校に行っているはずなので、なんとか連絡をとろうと電話やメールで試したんですが、
なかなかつながらず。
彼氏宅から実家に帰る途中に学校があるので、拾ってやらないと帰れないだろう、と。
数時間様子見している間に、犬の散歩の時間。
こんな時に、とも思いましたが、犬を落ち着かせるためにも歩かせようと外に出ました。

彼氏宅は埋め立て地なので、あちこちから泥が噴き出してました。
最初は水道管が破裂したのかな、なんて思ってましたが、
どこもおんなじような色の、きめの細かい泥なので、
これが話に聞く液状化現象なのか、とわかりました。
犬を歩かせている途中では、地割れしている部分もあり、
空には黒い煙が。
石油タンクが燃えた影響でした。

部屋に戻り、犬に餌をやっている最中に、姪からの電話がつながりました。
で、生徒はみんな体育館に詰め込まれていて、迎えにきてくれないと帰れない、
とのことなので、さっそく犬2匹を連れて車で出発。
すでに渋滞ははじまってましたが、姪の学校までは比較的すんなり到着。
学校側もパニクッていて、姪を引き取るのに二十分くらいかかりましたが、
とにかく無事に合流。
液状化でドロドロになった道路をそっと歩いて車に戻ると、もうどちら方面もすさまじい渋滞。
普段なら一分で通り抜けるような距離を一時間かけて通行。
途中、道で立ちつくす人が空を見上げているので、そちらの方角を見ると、
ガスタンクが爆発したキノコ雲のようなものがモクモク盛り上がっているところでした。

実家方面に向かう道に合流しよう、という角まで来て、
微動だにしない状態が三十分も続きました。
しょうがない、一か八かで海側の道路に戻りました。
やっぱり渋滞でしたが、それでも少しは動いていて。
しかしその海沿いの道路、停電していて、信号が消えているし、街灯は消えてるし、
あちこち液状化していて、おそろしい雰囲気が漂ってました。
が、実家に帰り着いて、テレビで流れ続ける津波映像を見たら、
道が停電してるくらい、たいしたことじゃなかったとわかりました。
すんなり行けば三十分かからず帰れる道が、結局四時間近くかかりました。

実家に帰り着いたのはちょうど夕飯時で(実家は夕飯が遅いのです)、
意外に平和な雰囲気で食事。
しかしそれが終わる頃、姉から連絡が入り、浦安まで迎えにこい、と。
夢の国のそばで仕事をしていたのです。
そちらも当然、渋滞で、往復四時間くらいかかりましたが、無事合流できて、帰ってこられました。
言うまでもないですが、浦安はどこもかしこも液状化でドロドロ。
地割れしているところで車のお腹をちょっとすったり。
ちなみに帰りの道では、東京方面から徒歩で帰る人々が難民のようにつらなって歩いてました。
こんな状況だから、声かけして途中まででも乗せていくべきだな、とは思ったんですが、
いざとなるとできない……。
老人とか、弱ってる人がいたら、とは考えて見てたんですけど。

あ、甥のこと書いてなかったですね。
甥とは、姪を拾った後になって連絡がとれまして、
地震より前に実家にきていて、僕の部屋でゲームしていたとのこと。
地震の後も、とくに気にせず、ゲームを続けてたらしいです。
さすが僕の甥……。



長々と書いてきましたが、ここからは気分を変えて、まったく別の話。

アメリカンアイドル、面白くなってきましたねー。
(地震直後もケーブルテレビはほとんど通常通りに放送されていた模様)
見ている方はわかると思いますが、当然ながら、僕はケイシーが一押し。
歌もパフォーマンスもすごくいいし、なによりかわいい……。
ヌイグルミみたい。

(こんな時にすいません)



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/59-927bf24f

トラックバック

コメント

[C201] 震災後

とにかくお怪我がなくて幸いです。
こちらは、大規模な物理的損壊はありませんでしたが、物流のストップとガソリン不足でかなり苦しめられてます。
そちらや被災地の方に比べたら大した被害じゃないんでしょうが、少しでも良い方向に向かって欲しいものです。
  • 2011-03-22 00:51
  • むんく
  • URL
  • 編集

[C202] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C203] Re: 震災後

ほんと物流がもうちょっと正常化してくれないと、困りますね。
その分、被災地に行くのならぜんぜんかまわないけど、ほとんどは無駄な買い占めのせいなんだろうし。
まだまだ油断できない状況のようなので、むんくさんもお気をつけくださいね。
  • 2011-03-22 22:27
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C204] Re: タイトルなし

ありがとうございます。
とにかく被害はまったくないんですが、今は停電がね……。
被災地の方々を思えばなんでもないことですが、自分たちがいかに電気に依存した生活を送っているのか思い知らされましたです。
それと、今はまだいいとして、夏場まで続くとなると、冷房の問題が出てきそうです。
人間は我慢すればいいけれど、犬たちは場合によっては生死に関わることなので。
  • 2011-03-22 22:34
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。