FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/51-ebaa20f2

トラックバック

コメント

[C150]

iPhone、iPad、iPod touchからは、アプリストアのブックのカテゴリーから、無料アプリをダウンロードすると簡単ですよ~。

第2弾の発売、期待してまーす!

[C153] Re: タイトルなし

ありがとうございます。そうですよね、パソコンやマック以外のデバイスだったら、そのデバイス自体でダウンロード、インストールとなりますよね……。
そんなことも忘れていた。
  • 2010-11-04 09:32
  • オサム
  • URL
  • 編集

[C154] kindle

決済関係で登録がうまくいかなくて、放置していましたが、再チャレンジしてみますね。
サムソンの過去作品がOKであれば、次回は隈吉源三をぜひm(_ _)m
  • 2010-11-04 12:39
  • むんく
  • URL
  • 編集

[C155] Re: kindle

どうもすいません。そしてありがとうございます。
隈吉源三、なつかしいです、我ながら。
  • 2010-11-05 11:56
  • オサム
  • URL
  • 編集

[C156] 購入完了

てこずりましたが、なんとかgakuseiryokou購入完了。住所関係の入力内容に自身がありませんが、まあkindle目的なら問題ないかと・・・。
これからゆっくり読ませていただきます。

[C157] Re: 購入完了

わあ、ほんとにありがとうございます。
なんだか無理やり買わせてしまったような。。。。
お好みにあった話ならいいんですが、、、、
  • 2010-11-06 00:36
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C175] 買っちゃいました(・∀・)

昔から小玉作品のファンでしたので
早速購入しました。
Kindleデビューです(笑)
  • 2010-12-07 14:27
  • はこ
  • URL
  • 編集

[C176] Re:買っちゃいました

ありがとうございます!
気に入っていただける内容だったらいいんですが、、、
  • 2010-12-07 23:09
  • オサム
  • URL
  • 編集

[C177]

さっそく拝読させていただきました(・∀・)
あまりネタバレしちゃうとアレですが
あんなところやこんなところでいたずらする海江田さんにドキドキしちゃいました。
自分も主人公と同じ立場だったら、惚れちゃうかも。最初の男だし。
  • 2010-12-08 15:24
  • はこ
  • URL
  • 編集

[C178] Re: タイトルなし

自分が若かったら、こんなおじさんにこんなことされたい、というような僕の願望があらわれている作品なのです。しかし今や自分がそのおじさんの立場……。
  • 2010-12-10 00:23
  • オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

キンドルで自費出版その後



以前、米アマゾンのキンドルストアという、電子書籍の配信サイトで、
僕の未発表小説「gakusei ryokou」を売り出しました、
という告知をさせてもらいました。

いろいろな事情で発表できずにいる作品がまだいくつかあって、
また、「サムソン」や「豊満」などで、
シリーズものとして書きながら、途中で止まってしまっているものも、
いずれ、続きを書いて、
それはシリーズの最初からアマゾンで売り出すつもり、みたいなことも書きました。




が、今のところ、「gakusei ryokou」の前編、後編の二つしか、
キンドルストアで売り出せていない状況。

それには理由がいくつかありまして。




まず、ぶっちゃけ、「gakusei ryokou」が売れてないから。

ここまでぶっちゃけていいのか?とも思いますが、
僕のブログを見てくれている人なら、
ある程度、僕の性格ももうわかってくれていると思うので、
もう、どんどんほんとのこと言いますけども、
僕の手取りの数字で言うと、たぶん、10ドルいってない状況……。
寒い……。

いや、もちろん、これまで発表できずにいた作品から、少しでもお金がとれるのだし、
なによりただ書いて終わっただけの作品を、ちゃんと誰かに読んでもらえたわけだから、
うれしいのです。
ありがたいと本気で思ってます。

しかし、……金の亡者なので、やっぱりもうちょっと欲しい。






もうひとつ、理由があります。

キンドルストアが日本のアマゾンにもできる、という話が前からあって、
それが年内だとか、来年頭だとか言われてるんですよね。
だから、第二弾の配信は国内アマゾンのキンドルストアから出した方がいいのかな、と。

もちろん「gakusei ryokou」もあらためて売り出すつもりでいますが、
今まで米アマゾンのキンドルストアからわざわざ買ってくださった人のことも考えて、
値段設定はほぼ同じくらいにしようと思ってます。





というわけで、もう一度、宣伝。

「gakusei ryokou」、ぜひ買ってくださいませ。

買い方は以下の通り。


米アマゾンでまずキンドルアプリをダウンロード

http://www.amazon.com/

ここの検索窓で

kindle for pc
kindle for mac
kindle for iphone
kindle for ipod
kindle for ipad
kindle for android
kindle for blackberry

などと、検索をかけると、
それぞれ、必要なバージョンのアプリが無料でダウンロードできます。

その後は、そのキンドルアプリから、キンドルストアに接続。
そこで「osamu kodama」もしくは「gakusei ryokou」と検索すれば、
出てくるはずです。

購入には、米アマゾンでのアカウントが必要。
日本のアマゾンのものとはまた別になりますが、
作り方は日本のとほとんど一緒です。
クレジットカードさえあれば、誰でも作れます。



よかったらどうぞ。


追記

日本のアマゾンのサイトの検索窓に
kindle for pc
と入れると、
パソコン版、マック版、アンドロイド版、iphone版と、
リンクが出てきてわかりやすいかもです。










この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/51-ebaa20f2

トラックバック

コメント

[C150]

iPhone、iPad、iPod touchからは、アプリストアのブックのカテゴリーから、無料アプリをダウンロードすると簡単ですよ~。

第2弾の発売、期待してまーす!

[C153] Re: タイトルなし

ありがとうございます。そうですよね、パソコンやマック以外のデバイスだったら、そのデバイス自体でダウンロード、インストールとなりますよね……。
そんなことも忘れていた。
  • 2010-11-04 09:32
  • オサム
  • URL
  • 編集

[C154] kindle

決済関係で登録がうまくいかなくて、放置していましたが、再チャレンジしてみますね。
サムソンの過去作品がOKであれば、次回は隈吉源三をぜひm(_ _)m
  • 2010-11-04 12:39
  • むんく
  • URL
  • 編集

[C155] Re: kindle

どうもすいません。そしてありがとうございます。
隈吉源三、なつかしいです、我ながら。
  • 2010-11-05 11:56
  • オサム
  • URL
  • 編集

[C156] 購入完了

てこずりましたが、なんとかgakuseiryokou購入完了。住所関係の入力内容に自身がありませんが、まあkindle目的なら問題ないかと・・・。
これからゆっくり読ませていただきます。

[C157] Re: 購入完了

わあ、ほんとにありがとうございます。
なんだか無理やり買わせてしまったような。。。。
お好みにあった話ならいいんですが、、、、
  • 2010-11-06 00:36
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C175] 買っちゃいました(・∀・)

昔から小玉作品のファンでしたので
早速購入しました。
Kindleデビューです(笑)
  • 2010-12-07 14:27
  • はこ
  • URL
  • 編集

[C176] Re:買っちゃいました

ありがとうございます!
気に入っていただける内容だったらいいんですが、、、
  • 2010-12-07 23:09
  • オサム
  • URL
  • 編集

[C177]

さっそく拝読させていただきました(・∀・)
あまりネタバレしちゃうとアレですが
あんなところやこんなところでいたずらする海江田さんにドキドキしちゃいました。
自分も主人公と同じ立場だったら、惚れちゃうかも。最初の男だし。
  • 2010-12-08 15:24
  • はこ
  • URL
  • 編集

[C178] Re: タイトルなし

自分が若かったら、こんなおじさんにこんなことされたい、というような僕の願望があらわれている作品なのです。しかし今や自分がそのおじさんの立場……。
  • 2010-12-10 00:23
  • オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。