FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/48-4667a0e2

トラックバック

コメント

[C133]

男らしい男ですね~自分的にはタイプでは
ないですが、、好みは様々ですよね~ホント。
父親がタイプのゲイって多いんでしょうかね。
それはともかく、お父様早く良くなりますように☆
  • 2010-10-19 07:41
  • やま
  • URL
  • 編集

[C135] Re: タイトルなし

ありがどうございます。
父親がタイプのゲイというのは、たぶん滅多にいないかと。
たいてい、嫌ってますよねー。
僕も思春期の頃は嫌い、というか、とても怖いと感じてました……。
  • 2010-10-19 10:13
  • オサム
  • URL
  • 編集

[C137] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C138] Re: タイトルなし

なんかうちのとちょっとタイプが似てそうなお父上ですねー。
お気遣いありがとうございます。
小説、やっぱり無理でしたか。。。
今後いろいろなタイプの小説をアマゾンで出していくつもりなので、女性でも読めそう、なものの時にはおしらせしますので、できたらまたお願いしますね。
って、もう無理かな……。
  • 2010-10-20 20:25
  • オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

うちの父は「男っぽい」ぞ





うちの父、まだ入院しておりますが、
とりあえず今回の梗塞に関しては、視野が狭まったという症状のみで落ち着きそうであります。

ただ、脳梗塞が起きたということは全身に動脈硬化があるはず、
とのことで、検査された結果、
頸動脈にも細くなっている血管が見つかりまして。
ただ今、そちらの検査待ち状態。

これで危険な動脈硬化が見つかれば手術ということになるかと思いますが、
また違う部位で脳梗塞が出てしまう前にわかって先手がうてるわけで、
まあ、よかったのかな、と。

本人はいたって元気で、
家にいれば一日三箱タバコを吸ってお酒を飲み続ける生活なので、
病院にいるかぎりずっとヘルシーライフを送れて、
外から見てるかぎり、かえってイイ感じ。

ちなみに、うちの両親、実質もう商売もたたんでしまい、引退生活状態。
しかし長年続けた生活習慣が抜けずに、引退して二年たつ今でも、
朝方近くまで起きていて、昼頃起きるという毎日。

お昼ご飯を食べて、しばらくテレビ見てのんびりした後、
夕方になるとパチンコ屋へ。
で、タバコ値上げ前に、せっせとタバコをとってきていたんですよ。
景品交換で。
それが今も父の座椅子の横に10カートンばかり積まれている……。

父が退院してくる前に処分、というか、姉はタバコ吸う人なので、
あげるとかしなよ、と言ってるんですが、
父はもう二週間入院して禁煙してるのに、お見舞いに行く度に、
「吸いたいなあ」とこぼしてまして。
父の性格的に、まあまず間違いなくやめられないだろう、
という残念な予想をたてているところであります。

昔からそういう人なんですよ。
好きなもの我慢してまで長生きしたくない、とか、
そういうセリフ言いがちな男。
おれはもういつ死んだっていいんだ、死ぬのはこわくない、
的な発言を好むと言いますか。

なので、強引にやめさせるのは事実上不可能なので、
まあ、見守っていくことしかできません。
たしかに、いろいろ我慢して長生きするより、
ある程度好きなことして、早死にしない程度に生きていく方がいいとも思えるし。




というわけで、うちの父、
いろんな意味で、男らしい男なのです。
いかにも男っぽい意地の張り方をした、であるとか、
男っぽい愚かさ満載のエピソード、などが盛りだくさん人生。

子どもの頃から喧嘩っぱやくて、
学校の教師を殴ったこともあり、
そのせいでいつも教師に目をつけられていろいろ痛い目にあわされた模様。
(なにしろ戦後間もなくのことなので、教師が生徒を殴るのは当たり前だった)

野心家で、二十歳の時に銀行からお金借りて、
女の子が接客する系のバーを開店させたり、
水商売の性でヤクザの親分さんとの付き合いができ、
長男の僕が生まれる時も、
親分さんと香港に遊びに行く約束をしてあったから立ち会えなかったり、
母と二人で競馬のノミ屋(やっちゃダメ)を
商売の片手間にやっていた時期もあったり。

まあ、とてもカタギとは言えない人生を送ってきた人でありまして。

もちろん喧嘩人生も続き、四十代くらいまでは
店の客だろうが気にくわない奴とは殴り合いしてたらしいです……。

ゲイの僕からすると、
ちょっと信じがたいエピソードの数々ばかりなんですよね。
喧嘩して殴ったとか殴られたなんて、生まれてこの方一度もないし、
そもそもそんなちゃんとした喧嘩なんてろくにしたこともない。
ノンケ男って乱暴でがさつ!
ってなもんでして。

しかしそれだけに、父は僕にとって
「男ってのはこういうもの」の代表例なのです。


僕の過去作品の中にも、
父エピソードをそのまま使ったりしたものがたくさんあります。
父から聞かされた話も。

読んでない方にはわからないでしょうが、
『田舎のもてなし』という小説
(戎橋さんが漫画にもしてくださいました)
で出てくる「もてなし」というのも、父が釣りに出かけていたある島で
実際に見聞きしてきた話から着想を得ているのです。


他の小説で登場させた、博打や飲酒にハマッたダメ男たち(最高に魅力的!)も、
みな、どこか父の一面を映している部分がありまして。


なんて書いてますが、ファザコンではないんですよ、僕。
残念ながら、うちの父、見た目的にはまるっきり僕のタイプじゃないんですよ。
母もそうですが、すんごく痩せていて、ひょろひょろ。
顔も線が細いタイプで、ドカッとしていないというか、
「太い」という印象がどこにもない男。

まあ、これで父がタイプだったりしたら惚れてしまうかもしれないので、
よかったんでしょうけども……。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/48-4667a0e2

トラックバック

コメント

[C133]

男らしい男ですね~自分的にはタイプでは
ないですが、、好みは様々ですよね~ホント。
父親がタイプのゲイって多いんでしょうかね。
それはともかく、お父様早く良くなりますように☆
  • 2010-10-19 07:41
  • やま
  • URL
  • 編集

[C135] Re: タイトルなし

ありがどうございます。
父親がタイプのゲイというのは、たぶん滅多にいないかと。
たいてい、嫌ってますよねー。
僕も思春期の頃は嫌い、というか、とても怖いと感じてました……。
  • 2010-10-19 10:13
  • オサム
  • URL
  • 編集

[C137] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C138] Re: タイトルなし

なんかうちのとちょっとタイプが似てそうなお父上ですねー。
お気遣いありがとうございます。
小説、やっぱり無理でしたか。。。
今後いろいろなタイプの小説をアマゾンで出していくつもりなので、女性でも読めそう、なものの時にはおしらせしますので、できたらまたお願いしますね。
って、もう無理かな……。
  • 2010-10-20 20:25
  • オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。