FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/437-c26d4b1a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

無料キャンペーン予告




予告です。


単行本『NIGHT AND DAY』発売記念として
僕のデビュー作『白黒』を一日限定で無料にします。
たぶん明日金曜日の夕方四時くらいから無料になるはずです。
ただし、さっき原稿を申請した段階なので、
もしかしたら明後日以降にずれ込む可能性もあります。

はじまる際にはあらためてこのブログとツイッターで告知します。


以下、『白黒』の紹介になります。





   ♦ ♦ ♦

 カーン、カーン、ダダダダダ。
 カーン、カーン、ダダダダダ。
「オーライ、オーライ……」
「昨日母ちゃんがなあ……」
「ちゃんと持てよ、ちゃんと!」
 男達の汗の匂い。男達の体臭。
 男は足場を組み立てるために、両腕を上げパイプを支えていた。そんな時、ふいに奴の声が聞こえてきた。はっとして振り返ると、奴はそう遠くないところで監督と話をしていた。奴は腰のタオルで顔と首筋に流れる汗をごしごしと拭いとりながら、監督の愚痴を聞いてやっていた。奴は体に力を入れ、太い足を踏張らせ、監督の話を熱心に聞き、いちいち首を振って答えていた。ものすごく人のいい男だった。逞しい男、がっしりと体のでかい男、男らしい笑顔見せる陽気な男。その黒く太い腕や力強い腿にはびっしりと男らしい剛毛が生え揃っているのを、男は更衣用のプレハブでいつも眩しそうに目を細くして見つめていた。顎にはいつも同じところに剃り残しがあり、その髭の濃さも男らしかった。奴の体からはいつも汗の匂いがした。男の汗の匂いがした。

   ♦ ♦ ♦


 小玉オサムデビュー作。
 初出は野郎系ゲイ雑誌『さぶ』(すでに廃刊)。1991年だったと思います。
 アート系ホモ土方小説につき、濡れ場はほぼありません。
 一種の実験小説であり、ホモポエム、ホモ哀歌、ホモの残酷物語な風味なので、物好きな方だけどうぞ。

 初の単行本『NIGHT AND DAY』発売記念として恥をさらします……。





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/437-c26d4b1a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。