FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/421-5b881588

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『親父の恋した幼なじみ』


親父の恋した幼なじみ親父の恋した幼なじみ
(2014/09/03)
小玉オサム

商品詳細を見る



アマゾンKindleストアにて配信しております。



『親父の恋した幼なじみ』

 哲太とはるかはともに二十歳の青年で幼なじみ。幼稚園の頃から家族ぐるみの付き合いのある二人だが、哲太の父が死に、その葬儀の席ではるかは哲太に打ち明ける。
「僕、哲太のお父さんと付き合っていたんだよ」
 その告白に哲太は衝撃を受ける。父が母を裏切っていたという事実にくわえ、哲太自身、自分の性指向に苦しんでいたからだった。はるかは哲太に死んだ恋人の姿を重ね、哲太にすがろうとする。しかし哲太は自分がゲイであること自体、受け入れがたいと感じていて……。
 社会人になった二人はそれぞれの人生を歩み出す。男たちと出会い、肌を重ね、何かを失い、何かを学ぶ。

『親父の愛した同級生』B00MWL7B20 の兄弟(姉妹?)作。
 まったく別の物語ですが、同い年の友人から「お父さんと付き合っていたんだ」と告白されるところからはじまっている点が同じ。元はこの『親父の恋した幼なじみ』を書いて、その後、同じ題材を使ってもうひとつ書きたくなり『親父の愛した同級生』を書きました。
『親父の愛した同級生』より一般小説に近めのBL風味となっております。中編の割に性描写は少なめかと思います。
『親父の愛した同級生』と同じく、ガタイのでかい哲太の方が受けになります。
 未発表作品。400字詰め原稿用紙にして183枚。



というわけでこちらが『親父の愛した同級生』の元ネタとなります。

上にもあるように、この『親父の恋した幼なじみ』を書いた後、
同じモチーフというのか設定を使って
もう少し短めのシンプルな話を書きたくなり、
『親父の愛した同級生』を書いたというしだい。
物語としてはぜんぜん違う小説で、
小説としてのテーマも違ってますが。






先日、父がまた入院したと書いたんですが、
手術することになっちゃいました……。

以前、太ももの途中で切り落とした、
残りの足の先端の肉が減ってしまって、
結果として骨が突き出す形になり、
皮膚のテンションがあがり、
穴が開いた、ということだったらしいです。

このままだと穴開きっぱなしで骨髄炎になるので、
「骨を切り足しましょう」と先生。

骨をさらに切るか削るかするんでしょうけど、
そういう時にも「足す」という表現をするのって興味深いな-、
と、どうでもいいところが気になりました……。





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/421-5b881588

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。