FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/415-d5139fba

トラックバック

コメント

[C706] !

個人的に、小玉先生の作品で一番好きな「マイクを前にした歌手」が単行本に、しかも後日譚まで収録されるとは、まるで夢のようなお話です。
早速、G通販光房にて予約させていただきました。サイン本が当たるといいなあ、とひそかに願っています。
ただひとつ、気になるのは表紙がakiさんではなさそうなこと…連載時の挿絵が、作品とかなり合っていたので、できれば単行本でも描いていただきたかったです。
とは言え、発売日が待ち遠しくて仕方ありません。拝読できるのが非常に楽しみです!
  • 2014-08-25 21:16
  • uro
  • URL
  • 編集

[C707] Re: !

前にもやりとりありましたよね?(ちがったらごめんなさい)
ありがとうございます!
後日談、それなりに満足していただけたらいいのですが……。
akiさんの挿絵、ほんと最高でしたよね〜。実は後書きにもakiさんのことちょっと書きました。
単行本はコスト的に挿絵をいれたりは難しいみたいですね……。
ちゃんと黒字になるほど売れたらいいのですが……。
  • 2014-08-25 22:19
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

単行本『Night and Day (ナイトアンドデイ)』発売予告




ナイトアンドデイ幅500



小説
Night and Day
ナイトアンドデイ

■作:小玉オサム

■定価:2,000円(税込)

■四六判・304ページ

■9月中旬発刊予定

先行予約受付中
G通販光房でご予約頂いた方、
抽選で30名様に著者直筆サイン本をお届けします。


待望! 小玉オサム・初小説単行本


G-menで好評連載された名作小説『マイクを前にした歌
手1・2』(電子書籍配信時タイトルは『恋に落ちた
ジャズシンガー』)を加筆修正し、その後の物語を書
き下ろし収載した珠玉のゲイノベル! 


歌い続けて三十年以上。五十歳を目前にした中年ジャ
ズシンガー・熊元康三。
若い頃に抱いていた情熱もいつしか消え去り、今は田
舎のホテルなどでドサまわりのステージをこなしなが
ら惰性で歌うだけの日々。
その一方では、様々な男を興味本位で口説き、肉体関
係を持つもののも真剣な交際には結びつかないま
ま…。
そんな、ろくでなしシンガーの前に爽やかな青年が現
れた。いつものように、遊びのつもりで青年に迫るの
だが…。






というわけで単行本が出ます。

初めての紙の本です。

上の説明にあるとおり、ジーメンに掲載された
『マイクを前にした歌手』
(配信時タイトル『恋に落ちたジャズシンガー』)

それと、

その後の物語の書き下ろし分を含めたものになります。


ジーメン掲載当時、
『マイクを前にした歌手』は
まず三回連載で書いて、
当時の編集長さまから続編を依頼されて
同じく三回連載の第二弾を書きました。

今回、単行本を出さないか?
というありがたいお話をもらった時には、
この『マイクを前にした歌手』の二編と
同じくジーメンに掲載された別の読み切り小説を
一本入れて本にしようという流れだったんですけど、
古川書房の社長さまから
「いっそ後日談というか続きを書き下ろしたら?」
とご提案いただきまして。

そう言われるまで
この小説に関して続編というのは考えたこともなかったんですが、
社長さまからアイデアをいただいたり、
『マイクを前にした歌手』を全部読み返してみたら、
するすると完結編が浮かんできて
不思議なくらいすんなり書けました。

自分としても納得できる完結編。


ちなみに後日談というと
短めのショートストーリーを連想されるかもしれませんが、
この後日談だけで原稿用紙にして百枚をこえてます。

発売までまだ間があるので、
近づいたらまた宣伝しちゃう予定です。

よかったらどうぞ。





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/415-d5139fba

トラックバック

コメント

[C706] !

個人的に、小玉先生の作品で一番好きな「マイクを前にした歌手」が単行本に、しかも後日譚まで収録されるとは、まるで夢のようなお話です。
早速、G通販光房にて予約させていただきました。サイン本が当たるといいなあ、とひそかに願っています。
ただひとつ、気になるのは表紙がakiさんではなさそうなこと…連載時の挿絵が、作品とかなり合っていたので、できれば単行本でも描いていただきたかったです。
とは言え、発売日が待ち遠しくて仕方ありません。拝読できるのが非常に楽しみです!
  • 2014-08-25 21:16
  • uro
  • URL
  • 編集

[C707] Re: !

前にもやりとりありましたよね?(ちがったらごめんなさい)
ありがとうございます!
後日談、それなりに満足していただけたらいいのですが……。
akiさんの挿絵、ほんと最高でしたよね〜。実は後書きにもakiさんのことちょっと書きました。
単行本はコスト的に挿絵をいれたりは難しいみたいですね……。
ちゃんと黒字になるほど売れたらいいのですが……。
  • 2014-08-25 22:19
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。