FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/401-129f49f6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スリラー・ゲイ小説 『火』 配信しております


火
(2014/08/06)
小玉オサム

商品詳細を見る



アマゾンKindleストアて配信開始しています。


『火』


   ♦ ♦ ♦

 中央病院のロビーは午後の診察を待つ人々であふれかえっていた。私は動悸を覚えながらも病院案内のボードを見、眼科を探した。外来は二階、病棟は新館の四階。表示をたよりに新館への通路を歩く。エレベーターホールに出たところで私は立ち止まった。すぐそこのガラスの壁の外にテレビカメラやら仰々しいマイクを持つマスコミの人間が、十数名もたむろしていた。そこは喫煙ゾーンになっているのか、全員が煙草を吸っていた。
 私は向きをかえてロビーに戻ろうとした。確かめるまでもない。あれは現実なのだと頭の中で声がした。
「あの、」
 突然肩を叩かれて、私は心底ぎょっとした。だが、声をかけてきたのはさわやかな笑顔を浮かべた白衣の医師だった。まだ若く、素朴な青年然とした雰囲気に見覚えがある。私は目を細めて青年を見つめた。
「ええと、どなたでしたっけ?」
「覚えてませんか? 夕べ『樫』で隣の席に座った……」
 私は息を飲んだ。シアトルに行っていたという恰幅のいい男、その中年男に腰を抱かれ、耳元になにやら囁かれて笑みを浮かべていたジーンズ姿の青年。夢の中の出来事のように、二人の姿がぼんやりと脳裏に浮かんでくる。
 青年はなぜか照れた様子で頭をかいた。
「すいません。こんなところで声をかけて」
「え、いや、君は……、医者なのか?」
「ええ、研修医ですけどね」
「どおりで若い医者だと思った」
「あのう、どこかお悪いんですか?」
 一瞬、質問の意味がわからなかった。が、すぐにここが病院だということを思い出した。
「いいや、その、そう、友人の見舞いに寄ったんだ」
「そうですか……」
 私は青年の肩越しに、マスコミの群れに目をやった。青年も振り返り、険しい顔をした。
「夕べ、駅前で子供が目に煙草の火を押しつけられたでしょう? その子がここに入院してるんですよ」
「へえ、そうか……」
「ひどい事件ですよ。きっと犯人は酔っぱらってて、自分がやったってことも覚えてないかもしれない」
「そんなことあるかね」
「だって自覚してたら、そのままあの子を置き去りになんかできないはずですよ。もしそうだったらいっそうひどい。なんの罪もない子供の将来を踏みにじるなんて……」

   ♦ ♦ ♦

 妻子がいて生活に余裕があり、若い男と関係を持っている五十代のエリートサラリーマン。仕事、家庭、若い恋人、すべてを手に入れて、人生を謳歌する男。しかし上機嫌で酔っ払い、煙草を吸いながら歩いていると、すぐそばで少年の悲鳴が聞こえてきて……。
 スリラー・ゲイ小説。四百字詰め原稿用紙にして95枚の中編。




アマゾンでの宣伝紹介文(上の文章)や
ツイッターでの紹介文で入れるの忘れましたが、
こちらも未発表小説になります。

まだ十年は経ってないと思うんですが、
そのくらい前に書いたもの。

これ、たしかBL小説に挑戦しようと書いた
最初のものだったかと思います。

読んでいただいた方はわかると思いますが、
まったくBLじゃありません。
当然ながら、未採用に終わりました。

そもそも恋愛要素が希薄だし……。

完全にスリラー小説です。

お金持ってて社会的地位が高そうで、
妻子がいて家庭も幸せそうで、
若いハンサムな男を恋人にして、
なにもかもうまくいっている五十代のおじさんが
歩き煙草で事故を起こし、
それをきっかけに恵まれた生活すべてが
徐々に崩れていく……。

若い男の恋人というのが、冷たい、
人間離れした雰囲気のハンサムなんですが、
もう一人、素朴でさわやかな青年も登場します。

デヴィッド・リンチの映画のような雰囲気……、かな。
恵まれた人物が転落していく系のお話。

そういうのお好きな方、よかったらどうぞ。





(来週か再来週にちょっとしたニュースをおしらせできるかも)




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/401-129f49f6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。