FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/356-2f47aa1f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『げこ』配信開始。『学生旅行』再びご紹介



げこ (写真)げこ (写真)
(2014/03/19)
小玉オサム

商品詳細を見る



学生旅行学生旅行
(2012/10/28)
小玉オサム

商品詳細を見る




アマゾンKindleストアにて配信開始です。



『げこ』

     ♦ ♦ ♦

 その写真を見つけた時、俺は頭の中が真っ白になってしまった。目を丸くして、たぶん、五分か十分くらい、ずうっと写真に見入ってしまった。中央の男は、俺の彼氏と同一人物に見えるのだ。しかし、この中で行われていることを考えると、あいつの写真とはやはり思えない。だけどこの写真はあいつの鞄を床に落としてしまった時に飛び出してきたものなのだから、常識的に考えれば、ここに写っているのはあいつだ。
 だけど、ありえなかった。
 あいつ、勇治は、見た目はすごく、かわいい。俺より五歳も年下の二十三だから、肌はぴちぴちしているし、体つきも、鍛えすぎず、太りすぎずの、ちょうどいい具合で、抱き心地がいい。男っぽい、ちょっとやんちゃな性格を想像させる顔で、いつも元気な雰囲気だ。しかしその性格は外見からは想像もつかないほどに、かたい。おそろしく真面目な奴なのだった。
 同棲を始めてもう一年たつが、正直、俺は毎日、窮屈な思いをしている。道ばたでたばこを吸っていると注意してくるし、ゴミを公園のゴミ箱なんかに捨てようとすると、家まで持ちかえれ、と迫ってくる。役所勤めのせいもあるが、毎日定時にマンションを出て、定時に帰ってくる。家の中のことはすべて仕切っていて、どこを探したってチリ一つないし、シャツは洗濯の後、必ず完璧にアイロンをかける。料理も上手で、安い材料を使い、手早くうまく仕上げてくれる。文句のつけどころのない彼氏なのだ。だからこそ、堅苦しく感じる。
 その勇治が、こんなことするわけがないんだが……。

     ♦ ♦ ♦

 堅物の彼氏が乱痴気騒ぎしている写真を発見し戸惑う主人公。直接問いただすこともできず、ひそかに調べていくと彼氏の意外な一面が……。
 初出『バディ』。「写真」シリーズ一作目。続き物ではありません。読み切り短編。




『学生旅行』

 生まれて初めて一人旅に出た大学生雄喜。機内で出会った中年男海江田と南国タイの海辺で情事を繰り返す。野良犬のように放浪の人生を送ってきた中年男は、まっすぐで純真な青年に男同士の性の手ほどきをする。しかし二人の恋に対する思いは違いすぎて……。
 米アマゾンkindle storeにて配信されている「gakuseiryokou」前編と後編をひとつにあわせたものです。





アマゾンで配信している小説も『げこ』で145本目(たぶん)となります。

だいぶ多くなってきたので、
今後はすでに配信済みのものもあらためてご紹介したいと思っております。

これだけ数が多くなってくると、
興味を持っていただいた方がいても、
好みにあいそうなものを探すだけで大変で、
だったら買わない、となりそうなので。

登場人物の年代とか体型的な好みもあるかと思うので、
ある程度、傾向的に分けてリストを作らないとなあ、と前から思っているのですが、
うまくいくかどうか。

とりあえずしばらくは、
かなり昔から配信していて目立たなくなっている、
けれど、オススメしたい!
と思うものをポツポツ取り上げていこうかと。

その第一弾が『学生旅行』。

アマゾンで配信をはじめた最初の作品で、雑誌には一切掲載されていません。

ゲイという自覚はあっても男経験のなかった青年が、
旅先で出会った中年男に性の手ほどきを受けるお話。

ごつくてむっちりしたおじさんの方が受けで、
筋肉質青年はバリタチとして育てられる感じです。

元々は前後編として書いたものをひとつにまとめた小説なので、
セックスシーンの回数が多めです。

が、読んでもらえばわかりますが、
体の相性は最高なのに、
心はすれ違ってしまうという、
せつない恋物語でもあります。





これまでは毎週、二本ずつ新規に配信をはじめていたんですが、
今週は一本にしてみました。

いよいよ初出『バディ』の小説も数が少なくなってきたということもあって。










この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/356-2f47aa1f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。