FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/35-86bcdf08

トラックバック

コメント

[C84] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C85] Re: タイトルなし

声出しますよ。そういう時は焦ってやめさせますけどね……。
付き合いだした当初は、いいのかな?と心配になりましたけど、この団地、ペット不可でありながら、各棟に四、五匹は犬がいて、猫も相当数いるみたいです……。
やっぱり一軒家がいいですね。

[C86] ipod

おばあさんって言うには失礼なぐらいに
可愛い^^
ペット可のマンションって、ここ10年ぐらいに
増えて来たって感じですもんね。
皆で飼えば怖くない?って感じでしょうかね♪
オヤジ専ですね~俺も最初に見たのがそれ系で
かなりのショックを受けたました(笑)
その後、バディが出た時に、これだ!って
思ったのを覚えてます(笑)
捨てるのは確かに大変ですね。。
廃止直前のダストボックスに詰め込んだ記憶が
あります^^
最近ipodを買ったんですが、寝床でネットするのには最高なんです、、が確かに目が疲れますね。
年のせいもあるんでしょうけど☆

[C87] Re: ipod

ほんとかわいいおばあちゃんですよ。
最近はあまりにものんびりしすぎな感じですけど。
ipod買ったんですね~。
僕も持ってます。
しかし最近は音楽聴くことにしか使っていない……。
またお邪魔させてくださいねー!

[C699]

昔の日記に失礼いたします
作品、楽しませていただいております

kindleで先生のゲイエロ小説を買う人達って、圧倒的に女性なんですか!?
ちょっとビックリして思わずコメントいれてしまいました
  • 2014-06-17 23:09
  • まる
  • URL
  • 編集

[C700] まる様

どんな記事だったろう?と読み返してびっくりしました。
日本のアマゾンでKindle電子書籍システムを使った自主出版が可能になってから二年足らず。
僕はその二年くらい前に、いちはやくはじまっていたアメリカのアマゾンKindleストアで一冊だけ日本語のゲイ官能小説を出版したんですが、この記事、そのちょっと前に書いていたんですね。
たった四年前のことなのに、今とまるで状況が違っている……。

で、Kindleで僕の小説を買ってくれている方が女性なのか男性なのか、はたまた別の性なのか、実際にはまるでわかりません。
ただ、感触としては、最低でも何割かは女性なんじゃないかという……。
このブログとかツイッターを通じて買ってくれた方々とちょっとやりとりしたりとかあるので、その印象によると、という程度の感触なんですが。

それと、買ってくれる人は値段関係なくどんどんたくさん買ってくれる。
買わない人は安くても高くても結局、買わない。
そんな感じなのかな、と思っています。
  • 2014-06-18 16:26
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

不安




愛犬たち その一

パグアップおしっこ中


おばあさん

シーズー外で


目を細めている

ミニピンオス目を細めている


彼氏宅はペット不可の団地なので、出入りの時はバッグに隠している。
ペット不可なのに、四匹いるという……。

ミニピン雌バッグの中から









ちょっと前になりますが、海鳴館の編集様からメールをいただきました。
それは、『豊満』が休刊になるというおしらせ。

海鳴館、と言ってもピンとこない方に説明すると、
デブ専雑誌の老舗である『サムソン』を世に送り出している会社で、
『豊満』というのは、さらに出力を絞って遠くに強烈な光を放つ季刊誌であります。

ひらたく言うと、「オヤジ専」のための雑誌。
オヤジ、というか、おじいさん、
というレベルの男性をこよなく愛する人のための専門メディア。

たぶん、定期刊行物としては世界でも他に類を見ない、
ちゃんとした質を保った専門誌だったかと。

僕も四、五年くらい前から小説をのせてもらっていて、
当然ながら登場するのはおじいさんやオヤジさんなわけで、
そういう年輩男性しか出てこない小説を書くというのは、
なかなか勉強になり、面白い体験でもありました。

それだけに、残念……。
(また収入が減る、という点でも)

しかしあくまでも「休刊」なので、
また復活したり、不定期で出たり、
なんてこともあるかも、と期待はしてますが。
(本音としては、すでに渡してある原稿も二本くらいはあるはずだから、
なんとか日の目を見て欲しいという……。)



出版業界そのものが厳しい時代になって久しいですが、
僕はひそかに、
ipadだとかkindleのような、
電子出版というものを後押しをするデバイスの登場に喜んでおりました。

というのも、ゲイ雑誌というものを買わない人々にその理由を聞くと
「ネットで十分な情報が得られるから」(ネタはタダで探せる)
という意見が一番多いかと思いますが、
それと別に、

「買うのが恥ずかしい」
「面倒くさい」
「手元にずっとおいておくのがイヤ」
「捨てるのが難しい」

という話もよく聞くのです。

そこで、ネットでデータだけを配信してもらえて、
見たい時に気軽に購入できる電子出版というのは、
まさにこういった人々にぴったりなのでは!
と考えていたわけです。

とくに、雑誌丸ごと、という形でなく、漫画とかグラビアとか小説とか、
もちろん情報欄とかコラムとか、
好きなものだけを好きなように選んで個別に買えたりしたら、
さらに気軽だし、手を出しやすくなるかも……、なんて。

しかしこの間、先日、ある人と魔女会議というものを開催した時に、
その話をしたら、
「でも、ipadってアダルトコンテンツ禁止ですよ」
と言われてしまって。

ショック……。
アップルって心が狭いのか……。

でもでも、ipadアプリとして、ibook(でいいんだっけ?)以外の、
電子出版コンテンツ再生ビューワーアプリが出れば……。
ちょっとムリかな。


小説だけ、と考えれば、kindleには期待しております。

kindleってアマゾンで売ってる物理的なデバイスだけのことを言うのではなくて、
アプリケーションとして、PC版やipod版やipad版もあるんですよね、たしか。

で、どのデバイスで購入した本でも、他のデバイスでも表示できるし、
ちゃんと続きから読めたりするらしい。
ipadのような液晶ディスプレイとちがって、
電子インクだから文字を読みやすいという利点もあるみたいで、
本当に読書が好きな人には向いている、らしい。

だからまあ、広がりはあるかなあ、とも思うけれど、
そもそもkindleって日本ではまるきり知名度も低いし、
日本語への対応がまだみたいだから、
どのバージョンでも実際に使ってる人っていうのが、少なすぎる……。

それに、たとえ日本で使う人が増えたとしても、
そういった電子出版のゲイエロ小説を買って読んでくれるのは、
おそらく圧倒的に女性だろうとも思うので、
となると、女性がkindle使うだろうか?と考えるとまた微妙で……。


というわけで、不安が募ります。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/35-86bcdf08

トラックバック

コメント

[C84] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C85] Re: タイトルなし

声出しますよ。そういう時は焦ってやめさせますけどね……。
付き合いだした当初は、いいのかな?と心配になりましたけど、この団地、ペット不可でありながら、各棟に四、五匹は犬がいて、猫も相当数いるみたいです……。
やっぱり一軒家がいいですね。

[C86] ipod

おばあさんって言うには失礼なぐらいに
可愛い^^
ペット可のマンションって、ここ10年ぐらいに
増えて来たって感じですもんね。
皆で飼えば怖くない?って感じでしょうかね♪
オヤジ専ですね~俺も最初に見たのがそれ系で
かなりのショックを受けたました(笑)
その後、バディが出た時に、これだ!って
思ったのを覚えてます(笑)
捨てるのは確かに大変ですね。。
廃止直前のダストボックスに詰め込んだ記憶が
あります^^
最近ipodを買ったんですが、寝床でネットするのには最高なんです、、が確かに目が疲れますね。
年のせいもあるんでしょうけど☆

[C87] Re: ipod

ほんとかわいいおばあちゃんですよ。
最近はあまりにものんびりしすぎな感じですけど。
ipod買ったんですね~。
僕も持ってます。
しかし最近は音楽聴くことにしか使っていない……。
またお邪魔させてくださいねー!

[C699]

昔の日記に失礼いたします
作品、楽しませていただいております

kindleで先生のゲイエロ小説を買う人達って、圧倒的に女性なんですか!?
ちょっとビックリして思わずコメントいれてしまいました
  • 2014-06-17 23:09
  • まる
  • URL
  • 編集

[C700] まる様

どんな記事だったろう?と読み返してびっくりしました。
日本のアマゾンでKindle電子書籍システムを使った自主出版が可能になってから二年足らず。
僕はその二年くらい前に、いちはやくはじまっていたアメリカのアマゾンKindleストアで一冊だけ日本語のゲイ官能小説を出版したんですが、この記事、そのちょっと前に書いていたんですね。
たった四年前のことなのに、今とまるで状況が違っている……。

で、Kindleで僕の小説を買ってくれている方が女性なのか男性なのか、はたまた別の性なのか、実際にはまるでわかりません。
ただ、感触としては、最低でも何割かは女性なんじゃないかという……。
このブログとかツイッターを通じて買ってくれた方々とちょっとやりとりしたりとかあるので、その印象によると、という程度の感触なんですが。

それと、買ってくれる人は値段関係なくどんどんたくさん買ってくれる。
買わない人は安くても高くても結局、買わない。
そんな感じなのかな、と思っています。
  • 2014-06-18 16:26
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。