FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/349-12e521e2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『ツアーパリ』『バックパックが二つ』配信開始です




ツアーパリ (旅)ツアーパリ (旅)
(2014/03/05)
小玉オサム

商品詳細を見る



バックパックが二つ (旅)バックパックが二つ (旅)
(2014/03/05)
小玉オサム

商品詳細を見る




アマゾンKindleストアにて配信開始です。



『ツアーパリ』

 ………………………………………………………………………………

「エコノミーは本当に狭いよね。君、体が大きいからよけいにつらいね」
「そんなにかわんないんじゃないスか?」
「僕はそんな鍛えてないから」
「だけど、いい体してるの、見ればわかるスよ」
 こんな会話をしている段階で、お互いに確認していたってことなのだろう。水平飛行に入り、ドリンクサービスや機内食が出ている間も、彼とオレの体はしょっちゅう触れあった。男二人、狭いエコノミーに並んで座るのだから触るのは当然としても、お互いにわざと体を押しつけているのは明らかだった。
 べらべらとしゃべったわけじゃなかった。オレはもともと口下手だし、彼もおしゃべりじゃないみたいだ。だけど、かなりいい感じになっているのは間違いなかった。飛行機の中で手を出すってのもいいなあ、なんてオレはスケベなこと考えていた。たぶん、可能だったとは思う。オレが手を出せば、彼は嫌がらない。自信はあった。でも、この雰囲気を壊したくなかった。彼はオレと目があうたびに、にっこりと笑ってくれるのだ。それがやさしくて、シャイな感じで、すてきな笑顔なのだ。オレも笑い返して、それだけですげえいい気分になってしまう。
 機内が暗くなると、彼は手元のライトをつけて読書を始めた。テーブルの上のワインを飲みながら、遠視用の眼鏡をかけて文庫本をめくる。その姿がやたらかっこよくて、痺れてしまった。せいぜい二十四か五だと思うんだが、やたら大人な雰囲気だった。
 いいぞいいぞこういうの、なんてオレは心の中で思いながら、持ち込んだスポーツ雑誌を眺めていた。その内、眠ってしまったらしい……。
 ふと目が覚めると、オレは彼の肩に顔をのせていた。びっくりするが、彼もオレに寄りかかって眠っている。まるで恋愛映画の中の出来事みたいだなあ、とオレは感激した。そのうえ、旅の目的地はパリなのだ。オレは彼の寝息を聞きながら目を閉じた。興奮した気持ちとは裏腹に、すうっと吸い込まれるように眠気が戻ってきた。

 ………………………………………………………………………………

 生まれて初めての海外旅行。同じツアーで同部屋になった年上の男は落ち着いていてかっこいい。すごくやさしくて大人な彼だがセックスの時は受けでちょっとMっぽい。フランス語もできてパリもよく知っている風の彼なのに、どうしてツアーに参加したのか不思議だが……。
 初出『バディ』。「旅」シリーズ三作目。続き物ではありません。読み切り短編。




『バックパックが二つ』

 ………………………………………………………………………………

 ヒロキはバックパッカー用の大部屋に泊まっていた。だから、安いけど個室の俺のホテルに、自然、二人とも足が向いていた。とくにどちらから部屋に行こうと話したわけじゃなかった。だけど、冷房が切れてムッとした部屋に入ると、俺たちは薄暗がりの中で見つめ合った。
 二人とも、汗をかいていた。顔は脂でテカッていた。口は酒臭いし、にんにくの匂いだってきついはずだった。だけど俺たちはそんなこと、少しも気にしなかった。お互いに手を伸ばし、汗で濡れた体を触りあって、ため息をついていた。
「暑いな、この部屋」
「お前の体の方が熱いぜ?」
「慶喜さんって男っぽい顔してるのな、タイプだって、一目見た時から思ってた」
「俺も」
 汗でヌメッた、筋肉ごりごりの太い腕をさすっていた。するとヒロキの手が俺の顔をつかみ、そっと唇を寄せてきた。それは意外なほどやさしくて、甘いキスになった。

 ………………………………………………………………………………

 就職活動に失敗した若い二人がバンコクの街角で出会う。意気投合した二人はあてもなく旅して歩く。最高の旅に思えたが、やがて日本に戻って再会すると……。 初出『バディ』。「旅」シリーズ四作目。続き物ではありません。読み切り短編。






予告なんですが、配信用の書き下ろし原稿にとりかかっています。

『弁護士 隈吉源三』シリーズのスピンオフで、
隈吉の恋人、高山雄三の学生時代を描いた話になります。

高校時代からはじまるので、詰め襟学生服の隈吉も登場。

いまはジーメンでの連載原稿に入ってるんで、
配信できるようになるのは来月かなー、と思います。




そういえば、その連載の小説の紹介忘れてました……。
というわけであらためて。



月刊『ジーメン』で新しく連載が始まっています。

次の更新でそちらの「さわり」をご紹介する予定です。

というか、これからそっちも更新しようかなと思います。


というわけで、アマゾンでの配信も、ジーメンでの連載もよろしくお願いします。









この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/349-12e521e2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。