FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/324-1b7b146c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『堕ちる』『初めてなんスけど』配信開始。それと四十代の男旅







堕ちる堕ちる
(2014/01/08)
小玉オサム

商品詳細を見る


初めてなんスけど初めてなんスけど
(2014/01/08)
小玉オサム

商品詳細を見る



アマゾンKindleストアにて配信開始しています。



『堕ちる』

 …………………………………………………………

「で、どんな奴? どこで知り合ったの?」
 祐司は興味津々といった態度で聞いてきた。俺はバーテンから酒を受け取り、一口すすってタバコをくわえた。トイレで出会った、という話をすると、祐司はあからさまに顔をしかめた。
「ハッテン便所? そんなとこで知り合った相手と続くの?」
「場所は関係ないだろ」
「あるよ、そんなところうろつく奴、ろくでもないに決まってる」
「俺だってうろついてたんだぞ」
 少なからずムッときて、たしなめてやるつもりだった。だが、祐司は少しもひるまずに続けた。
「だからだよ。山崎さんだって、誰か付き合える相手を捜しに行ったんじゃないだろ」
「まあ、それはそうだけど」
「ハッテン便所っていうのは、みんな遊びに行くところなんだ。そういう気分の男が集まってる。心構えが違うんだ。そりゃ、ハッテン場で出会ってうまくいく場合もあるにはあるだろうけど、便所だろ、ある意味、一番……」
「下、か?」
「そうは言わないけどね」
 祐司もタバコをくわえた。俺が火をつけてやる。確かに、同じ二人の人間が出会うにしても、どこで出会うかによっていろいろ変わってくる。だからといって、出会いは出会いだ。きっかけ、始まりにすぎない。そこからどう付き合いを続けていくかによるんじゃないか?
 そこまで考えて、かえって不安が深くなった。彼と俺と、どういう関係に落ち着くのか、先が見えない。

 …………………………………………………………

 大学卒業後、翻訳業をして暮らしている孤独な男、山崎。ハッテン便所で年下の若い男と出会い、ごく普通のいい関係をのぞむ。しかし若い男は恋人らしい仕草ひとつ見せず、SMじみた行為を迫ってくる……。
 初出『バディ』。転落小説。読み切り短編。





『初めてなんスけど』

 …………………………………………………………

 靴箱にスニーカー入れて鍵をとった。のれんをくぐって中に入ると、ロッカーの並ぶ広い部屋があって、男たちが何人か、たぶん五、六人いた。みんな腰にタオル巻いた格好の裸で、一斉に振り返ってオレを見る。思わずうつむいて、早足で受付に行って靴箱の鍵を出した。やっぱりこなきゃよかった。今なら出ていける。どうしよう?
「お客さん、二千六百円」
「は、はい、今出します!」
 あわてて財布から金を出した。三千円渡してお釣りを受け取る。あ、この店員のおじさんにまでジロジロ見られてる気がする。やっぱり初めての客だってわかるんだろうか。童貞だってことも、見透かされてる気がする……、怖い。
 そう、オレは童貞を捨てにここにきたのだ。

 …………………………………………………………

 男未経験の主人公がハッテンサウナにやってくる。セックスもしたいが本当に欲しいのは出会い、と思いながらも、次々といろいろなタイプの男と関係を持ってしまう……。
 初出『バディ』。若い男の初体験小説。短編読み切り。




昨日、四十代のツイッター仲間四人でドライブに行ってきました。



メインイベント




千枚田




外房の海




海の幸




初めて食べたサンガ焼き





千葉で生まれ育ったのに、いまだにナメロウを食べたことがない。
しかしサンガ焼きは食べられたのでよかった。
すごくおいしい〜。

ドライブって楽しいですね。





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/324-1b7b146c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。