FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/286-887f6c70

トラックバック

コメント

[C657] はじめまして

はじめまして。カッツと申します。初めて書き込ませていただきます!
小玉さんの小説が電子書籍でも配信していると今知って、いろいろ検索したところにたどり着いた次第です。
そしていきなりでこんなお願いで恐縮なのですが、自分が初めて読んだ作品が探偵物語だったのですが、そちらはkindleでは配信はしていないのでしょうか?
ラブこみというサイトでは配信していたようなのですが、自分勝手で恐縮ですが、電子書籍を統一したかったもので、お伺いした次第です。
また、重ねて恥ずかしいお話ですが、ラブこみというサイトとkindleですと、結構お値段が違うようなのですが、これは手数料とかの違いなのでしょうか?
せこい話ですみません。複数の作品を読もうとすると、それなりのお値段だったもので。こんな要望で恥ずかしい限りですが、同じくらいのお値段だとありがたいなと思いまして。
実は探偵物語も一部しか読んでいませんでしたので、今度こそフルで読めると思うと嬉しく思います。お父様の介護など、いろいろ大変な状況でいらっしゃることも初めて知りましたが、これから応援させていただきますので、よろしくお願いします!
  • 2013-10-29 19:49
  • カッツ
  • URL
  • 編集

[C658] Re: はじめまして

はじめましてカッツさん。ありがとうございます。
「探偵物語」はジーメンに掲載していただいた小説なので、いまのところ、配信は古川書房さまにお任せしている状態です。
今後どうなるかは正直いってわかりません。すいません。
くわしくはブログ本文で説明させていただきますね。
ありがたいことに、同じような問い合わせが多くなってきてるので……。
  • 2013-10-30 10:59
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C659] カッツさんごめんなさい

電子書籍に関する個人的事情をブログ本文で書こうとしたんですが、
書けば書くほど、あちらやこちらに角がたちそうなことばかりつらつらと書きつけてしまっていて、
ちょっとまだ、はっきりはできない感じになってきました。
僕自身、アマゾンで古川書房さま掲載作品を発表していきたいと考えてはいますが、
その時期は未定としか今は言えません。
すいません。
だらしない男ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

それと、アマゾンは僕が自分で売り出しているので値段も僕がつけているわけですが、
他の配信サイトでは、間を取り持ってくれている出版社が値段をつけるので、
お互い、そこらへんは口を出さない空気になってます。
  • 2013-10-31 17:39
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『短気な男』『謎の男』配信開始。そして介護生活



短気な男短気な男
(2013/10/23)
小玉オサム

商品詳細を見る



謎の男謎の男
(2013/10/23)
小玉オサム

商品詳細を見る





アマゾンKindleストアにて配信開始しております。


『短気な男』

 短気で無口で気難しい男。いつもムスッと怒ったような顔でいるが、五年付き合った自分には何をどう思っているのかわかる。同じムスッと怒っているような顔でも、ただ黙り込んでいるのか、照れているのか、実は求めているのか……。
 五年続いたカップルが温泉旅行に出かける。いつもどおりムスッと怒ったような顔の恋人だが、慣れた二人の間では何か言いたいことがあるとわかってしまう。浮気したんじゃないか、結婚したいんじゃないか、あの手この手で聞き出していく。

 初出『バディ』。連作ゲイカップルの一日シリーズの第二回。連作といってもバラバラに読んでも問題ないようになっています。ちなみに気難しい方が受けです。



『謎の男』

 将来を嘱望されている二十五歳のエリートサラリーマン。顔はハンサムだし体つきも締まっている。いつもクールでやり手とされているが、内実は奉仕願望の強いドM。最近付き合い出した恋人は同じ会社のダメ社員だが、セックスはドSで相性ぴったり。しかしどこか謎の多い男でまだ得体が知れない。そんな時、社内で殺人事件が巻き起こり、主人公は恋人を疑ってしまう。

 初出『バディ』。連作ゲイカップルの一日シリーズの第三回。連作といってもバラバラに読んでも問題ないようになっています。ユーモア小説。



父が退院しました。
さっそく腰をやってしまって痛い……。
だいぶ慣れてきたのでよくなってきてますが。

介護の手間は前とほとんど変わらずなので、
たいしたことないんですが、
ベッドと車椅子の移動がやっぱりちょっと力がいる。

脚が一本になったので体重は減ったわけですが、
二本そろっていた時も
手すりにつかまって一瞬立っていられるかどうかだったので
一本足だとまるで踏ん張れないみたい。
ほとんど介助者の力で移すしかなくなってしまいました。

リフトを用意してあるんですが、
父は吊るされるのが不快みたいだし、
ネットをつけるこちらもなかなか面倒くさい。

できるだけ力を使わずに移すコツもつかめたので
今回もリフトのリースは早々にキャンセルすることになりそう。
あんまりはやく返すのも、業者の人に悪いなあ。
一時間もかけて設置していってくれたのに……。
しかも二回目。

念のためというのもあるから、
とりあえず十一月いっぱいは借りておこうかと思います。

こういう介護用品のリースなんかも
介護保険がなかったら高くて手が出ない。
日本って医療に関してはほんとすごい国だと思う。
TPPでいろいろ変わっちゃったら困るなあ。


この週末は退院したてなので
母一人に介護させるのも悪いので実家におります。
彼氏団地に行かないと、ほんとどこにも出かけない。
毎日、母をパチンコ屋に送り迎えするだけ。

昨日はパチンコ屋に送って行った帰りに
酒屋さんに寄ったんですが、
それがこの一週間で最大のお楽しみイベントでした。
広い店なので、三十分くらいうろうろしたあげく、
4ℓの安い焼酎と、思い切ってポートワインを買ってしまった。
750ml瓶で千円以上するお酒なんか滅多に買わないんですが、
ちびちび飲むやつだからいいかと思ってプチ贅沢。

しかしポートワイン飲むとチーズ食べたくなるなあ。
今度、コストコで安くてでかいやつまた買ってこよう。








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/286-887f6c70

トラックバック

コメント

[C657] はじめまして

はじめまして。カッツと申します。初めて書き込ませていただきます!
小玉さんの小説が電子書籍でも配信していると今知って、いろいろ検索したところにたどり着いた次第です。
そしていきなりでこんなお願いで恐縮なのですが、自分が初めて読んだ作品が探偵物語だったのですが、そちらはkindleでは配信はしていないのでしょうか?
ラブこみというサイトでは配信していたようなのですが、自分勝手で恐縮ですが、電子書籍を統一したかったもので、お伺いした次第です。
また、重ねて恥ずかしいお話ですが、ラブこみというサイトとkindleですと、結構お値段が違うようなのですが、これは手数料とかの違いなのでしょうか?
せこい話ですみません。複数の作品を読もうとすると、それなりのお値段だったもので。こんな要望で恥ずかしい限りですが、同じくらいのお値段だとありがたいなと思いまして。
実は探偵物語も一部しか読んでいませんでしたので、今度こそフルで読めると思うと嬉しく思います。お父様の介護など、いろいろ大変な状況でいらっしゃることも初めて知りましたが、これから応援させていただきますので、よろしくお願いします!
  • 2013-10-29 19:49
  • カッツ
  • URL
  • 編集

[C658] Re: はじめまして

はじめましてカッツさん。ありがとうございます。
「探偵物語」はジーメンに掲載していただいた小説なので、いまのところ、配信は古川書房さまにお任せしている状態です。
今後どうなるかは正直いってわかりません。すいません。
くわしくはブログ本文で説明させていただきますね。
ありがたいことに、同じような問い合わせが多くなってきてるので……。
  • 2013-10-30 10:59
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C659] カッツさんごめんなさい

電子書籍に関する個人的事情をブログ本文で書こうとしたんですが、
書けば書くほど、あちらやこちらに角がたちそうなことばかりつらつらと書きつけてしまっていて、
ちょっとまだ、はっきりはできない感じになってきました。
僕自身、アマゾンで古川書房さま掲載作品を発表していきたいと考えてはいますが、
その時期は未定としか今は言えません。
すいません。
だらしない男ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

それと、アマゾンは僕が自分で売り出しているので値段も僕がつけているわけですが、
他の配信サイトでは、間を取り持ってくれている出版社が値段をつけるので、
お互い、そこらへんは口を出さない空気になってます。
  • 2013-10-31 17:39
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。