FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/228-1a2869a4

トラックバック

コメント

[C595] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C596] Re: きっかけ

あ、そっか背が高いんですよね? いいなあ。
ちなみに英語ができなくてもセックスは問題なくできますよ〜。
って、当たり前か。
飲み屋で知り合って付き合うってちょっと憧れます。。。
  • 2013-06-15 18:46
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C597] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C598] Re: タイトルなし

ほんとになるようにしかならないもんですよね。
最近はいろいろ心配したり気に病んだりすることはやめたので、僕の気持ち的には楽になりました。
  • 2013-06-21 12:59
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『ノンケ喰い車掌』『旅路の果て』配信開始



旅路の果て旅路の果て
(2013/06/11)
小玉オサム

商品詳細を見る



ノンケ喰い車掌ノンケ喰い車掌
(2013/06/11)
小玉オサム

商品詳細を見る




アマゾンKindleストアにて配信開始しました。



『旅路の果て』

 定年を迎え悠々自適の生活を送っている主人公徳さん。年下の中年男梶木と付き合っていて、身体の相性は最高だが、ことが済むと梶木は妻の悪口など愚痴が多い。徳さんは妻に先立たれ、子供も独立している。
 気ままに旅行に行こうと思い立ち、旅行会社に出向く徳さん。行き先を迷っていると、居合わせたカナダ人のジェイクがバンクーバーを勧めてくる。ジェイクは日本での赴任生活を終え、バンクーバーに帰るところで、旅先をカナダにして訪ねてきたら?と誘ってくる。
 気まぐれに目的地をバンクーバーにして、ジェイクの家を訪ねると、すぐに抱き寄せられ関係を持ってしまう二人。ジェイクは徳さんに一目惚れで、移民して一緒に暮らそうと真剣に請う。にわかに本気ととれなかった徳さんだが、バンクーバーでの自然体のゲイライフを目の当たりにして、考えが変わってくる。
 日本での生活、恋人を捨てて、白人の熊男と海外で暮らす。もしそんな提案がなされたら……。
 初出『豊満』。前後編で掲載されたものをひとつにまとめてあります。


『ノンケ喰い車掌』

 酔いつぶれた中年男が深夜の電車内で車掌にイタズラされてしまう。
 男に関心のなかった主人公だが、その夜を境に、おぼろげながら体が覚えている快感を忘れられず、目醒めてしまう。

 『遭難』につづいてシチュエーション小説第二弾。またもや99円で登場。
 初出『豊満』の短編。






『旅路の果て』は主人公のおじさんがカナダ人の白人熊男に言い寄られて、
「カナダで一緒に暮らそう?」と誘われる話なんですけど、
その手の妄想を抱く人ってけっこういるんじゃないでしょうか。
外専の人に限らず。

僕は大学で仏文科だったんですが、
そこでの女性の知人は卒業後にフランスをフラフラして
いまの旦那さんと知り合い、そのままフランスに暮らしています。

そういう話を聞いて、「いいな〜」と僕も思ってました。
この年になるとそういう可能性はもうないだろうとも思うんですが、
(彼氏もいるし)
憧れはまだあります。

フランス語はアベセデも言えなくなったし、
英語も片言以下で日々忘れている方向なので、
実際問題、外国に暮らすのはきついでしょうけど。




『ノンケ喰い車掌』はかぎりなくシチュエーション小説に近い感じだったので、
99円にしてみました。
オリジナルタイトルがもしかしたら違っていたかも。








話かわりますが、本当ならもう父が退院しているはずだったんですが、
また延びました。

また悪化したから、ではなく、飲み込みのリハビリがうまくいっているから。
思っていた以上にうまくいっているから、もう少し試してから退院にしませんか?
との提案がありまして。

正直、病院にいてくれた方が僕も母も楽だし、出費も少なくて済む。
お楽しみ程度でも口からものが食べられたら父もうれしいだろう、
という理由から、
じゃあお願いします、となったんですが、
リハビリがきっかけで誤嚥してまた肺炎、という可能性もあると思うので、
複雑な気持ちも。

ほぼ寝たきりなので家に帰ってくると僕の自由がほとんどなくなってしまう
(母一人の力では体を動かしたりなんだりが厳しそう)
ので、今の状態が楽というのはあるんですが、
もしも退院が延びたまま急転して死んじゃったりすると、
「あの時、少しでも家に連れて帰ってあげればよかった……」
と悔やむのは必至。

難しいです。

でも、さすがに今回は退院までいけるような雰囲気ではあるので、
そんなに悩んではいないんですけどね。





こちらにも注目です!
たくさんの小説、漫画、
エロい写真や動画も配信されてるので、ぜひ。

fc2blog_201212261315319fc.jpg
ジーメンオフィシャルサイト

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/228-1a2869a4

トラックバック

コメント

[C595] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C596] Re: きっかけ

あ、そっか背が高いんですよね? いいなあ。
ちなみに英語ができなくてもセックスは問題なくできますよ〜。
って、当たり前か。
飲み屋で知り合って付き合うってちょっと憧れます。。。
  • 2013-06-15 18:46
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C597] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C598] Re: タイトルなし

ほんとになるようにしかならないもんですよね。
最近はいろいろ心配したり気に病んだりすることはやめたので、僕の気持ち的には楽になりました。
  • 2013-06-21 12:59
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。