FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/213-5604c8d1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『酔っ払い』『タバコを吸う男・駅前温泉』配信開始です



酔っ払い酔っ払い
(2013/05/08)
小玉オサム

商品詳細を見る



タバコを吸う男 駅前温泉タバコを吸う男 駅前温泉
(2013/05/08)
小玉オサム

商品詳細を見る



本日よりアマゾンKindleストアにて配信開始です。



『酔っ払い』

 山の中の飯場から出てきた四十男、安田。男同士の恋というものに期待しなくなってずいぶん経つが、場末のポルノ映画館で出会った年配の男、斎藤に誘われ酒を飲むことに。酔っ払った斎藤は「愉快なおっさん」で安田も楽しいが、一度きりの関係と思い込んでいた。しかし斎藤は安田の携帯番号を知りたがる。それでいて自分は携帯を持っていない、家の電話も教えられないと言う。期待してはいけない相手とはっきりしているのに、安田は斎藤からの電話を待ち続ける。
 不器用な男たちの不器用な恋。肉体労働者の四十男と年配サラリーマンのすれ違いストーリー。
 初出『サムソン』の読み切り短編。



『タバコを吸う男・駅前温泉』

『タバコを吸う男』
 24歳の主人公はタバコの煙が大嫌い。それでいて一回り年上の喫煙者と付き合っている。友人のKに恋人の愚痴をこぼすが、ワガママなのはお前の方だとさとされる。うまく甘えられない年下の自分が悪いのか、年上の恋人に包容力がないのか? サディスティックなセックスを強要されれば頭にくるが、しっかり感じてしまうのも事実……。
 初出『さぶ』の短編。

『駅前温泉』
 出張先の温泉地で飛び込んだ駅前温泉。先客のいかつい強面男とつかの間の関係を持つサラリーマン。一期一会とわかっていながら未練がわいて……。
 初出『サムソン』の掌編一歩手前のほんとに短い短編。




『酔っ払い』は身勝手ともいえる性格のおじさんに
主人公が振り回される系のお話なんですけど、
昔、ほんとこのままのおじさんとちょっと付き合いがあって
かなりそのまま書きました。
セリフとか態度とか、そのまんま。
読む人が読めば、もしかしたらもしかして
「あの人だ」とわかったりして、、、
もちろん主人公の方は僕とはまるで別人ですけども。


『タバコを吸う男・駅前温泉』は初めての抱き合わせ販売。
我ながら、出てくる男の年代とかタイプとかバラバラの組み合わせ
と思うんですが、
『駅前温泉』があまりにも短くて、単発99円で売るのも申し訳なく、
くっつけました。
Amazonでの自主出版って最低価格が99円なのです。
ちなみにその場合、僕に入る印税は35パーセント。
kdpセレクトというのに登録すると
なんと70パーセント印税になるんですけど、
そっちは最低価格が上がって250円以上にしないといけない。
そういうわけで、Kindleストアには99円と250円の本がたくさんあるのです。

しかし今思うと、『駅前温泉』は無料で配信しちゃってもよかったなあ。
ずっと無料で配信、ということもできたはずなので。
(あれ、ちがったかな、、、、)
宣伝になるし。

二つの作品をひとつのファイルにしちゃうので、
初めて目次をつけました。
たぶんちゃんと動くと思うんですが、
不具合があったら教えてくださいませ。


これで目次の付け方もわかったので、
隈吉源三シリーズなど、おまとめ版も出そうかな、と計画中です。
ただし、バラバラの読みづらい状態のものを
すでに買い揃えてくださった方々に申し訳ないので、
悩んでおります。
はじめから、バラ売りバージョンとまとめバージョンと併売すればよかった、、、

できたら秋くらいまでに隈吉の続編を書き下ろして
配信していきたいと考えているんですけど、
その時にでも、全巻セットとか出そうかなあ?

もしくは、配信して一年をメドに順々にまとめ版を出していくか。

悩んでいます。





こちらにも注目です!
たくさんの小説、漫画、
エロい写真や動画も配信されてるので、ぜひ。

fc2blog_201212261315319fc.jpg
ジーメンオフィシャルサイト















この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/213-5604c8d1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。