FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/207-658cec20

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

小説『初体験』『白クマ源さん』配信開始です



初体験初体験
(2013/04/23)
小玉オサム

商品詳細を見る



白クマ源さん白クマ源さん
(2013/04/23)
小玉オサム

商品詳細を見る



本日よりアマゾンKindleストアにて配信開始です。


『初体験』

 自分がゲイであることを素直に認められない若い主人公。となりのクラスの柔道部員に淡い恋心を抱いているが、話したこともなかった。しかし柔道部員が図書委員をやっていると聞いて、主人公は昼休みにひと気のない図書室を訪れる。たいして興味もない映画雑誌をめくっていると話しかけられ、一緒に映画を見に行くことに。ささいなことに引っかかり憎まれ口をきいてしまう主人公だが、それは恋心ゆえで……。
 若い青年同士の初体験小説。初出『サムソン』。


『白クマ源さん』

 息子夫婦に連れられやってきたハワイ。しかし元医者の主人公は観光地の浮かれた雰囲気に疎外感を覚えている。妻に先立たれ、退職し、生きる張り合いを見失いがちの熟年紳士がワイキキビーチでクマのように毛深い中年男、源さんに出会う。その年まで男に興味を持たなかった主人公だが、人懐こく男らしい源さんと夜の海岸で再会して……。
 帰国後も連絡を取り合う二人。ぎこちない恋心の行方ははたして。
 大人の男同士の純情物語。掘ったり掘られたり。




今週は二本とも読み切りにしてみました。

『初体験』、もしかして「DAVE」(若デブ専雑誌)だったかも……。
読めばどうやったって高校生の話ですが、
問題があるかもしれないので「高校」という表記はしてません。
あれ、でも、そもそも高校生だからって、
通っているのがみんな未成年とは限らないんだよね……。
あ、そういう問題じゃない?

もしかしたら、「バディ」さんにも
「初体験」というタイトルで小説を書いたことがあったかも。
もちろんまったく別物の小説ですけど。
「ジーメン」さんにはたぶんない。と思います。たぶん。


『白クマ源さん』はおそらく「シルバー」(老け専雑誌)
に掲載されたのではないかと思うんだけど、
記憶が定かでなく……。

ちなみに、もうお気づきかと思いますが、
源三とか源さんとか、たぶん他にも「源」という文字を使った
名前を何度となくキャラクターにつけてきたんですけど、
これは敬愛する田亀源五郎先生から
(勝手に)とっているんですよ。
普通にほんとのファンなので。

残念ながら直接お話したことは一度もありません。
イベントなどで同じ場所にいたことは、昔、何度かあったんですけど、
畏れ多くて話しかけられなかった。
なにしろこちらは引きこもりだし。

アマゾンで僕の小説のページを見ると、
「この商品を買ったひとはこんな商品も買っています」
の欄に、田亀先生の小説が出てくるんですけど、
それがとてもうれしい。
ふふ。

それに、反対に、田亀先生の小説のページの
「この商品を買ったひとはこんな商品も買っています」
には僕の小説が出てくるので、
たぶん、田亀先生のおかげで、
つられて僕の小説が売れている部分もあると思う。
なにしろ、ランキングをよく見ればわかるんだけども、
田亀先生の小説は紙の本含めたランキングでも
常に上位にいるんですよ。
僕の小説と比べたら、たぶん出ている数の桁が二つくらい違う。
(いいなー……)

興味のある方はこちら。

デカとヤクザとニンジンと 田亀源五郎小説作品集デカとヤクザとニンジンと 田亀源五郎小説作品集
(2013/01/06)
田亀 源五郎

商品詳細を見る


これ、傑作が四本も入ったセットなのに
500円という破格値で売られている。
僕は全部、雑誌に掲載された時に読んで、
ほんと何十回もお世話になりました。
何年間も……(昔は性欲が強かった)。
超オススメ。


って、ひとの宣伝してる場合じゃないですね。
とりあえず僕の小説も買っていただけると
貧乏な生活の足しになるので、
ぜひお願いします。





そしてこちらも!
たくさんの小説、漫画、
エロい写真や動画も配信されてるので、ぜひ。

fc2blog_201212261315319fc.jpg
ジーメンオフィシャルサイト




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/207-658cec20

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。