FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/18-068bec2f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

犬の心



おやつでつってオスワリさせているところ。
それでも、途中途中でぴょんぴょん跳びはねてなかなか止まらないのです。

ミニピン雌きれいに


うんちんぐスタイルで失礼します。ちなみに着ている服も自作です。
甥っ子のおさがり服をリメイク。バカっぽい柄が気に入ってます。

パグ雄うんち


こちらは子ども時代。走ってます。無邪気な表情に胸が詰まります。

昔のグウ道路で走りながらこっちを見上げてる




うちのパグ犬雄、しょっちゅうかゆがって、
掻きむしったり、噛んだり、舐めたりする、という話を前に書きました。

いろいろな病院に行き、ステロイド剤を毎日、何年間も飲み続け、
全部で十万円以上かかる注射を打ったり、
アレルギーの犬専用の高い療法食を食べさせたり、
その他、ネットなどで知った民間療法的なことも、
ほんとたくさんやりました。

で、高い注射を打った病院で、
「かゆがり方になんの変化もないんですが……?」
と相談したところ、
「動物の皮膚専門病院というのがあって、そこを紹介します」

その皮膚専門病院、うちから車で片道一時間半から二時間かかります。
でも、行ってよかった!

そこで各種の検査を受けた結果、
「アレルギーではないし、皮膚自体に問題はない」
との診断結果。

「わんちゃんはとくに、心の問題でかゆがったり、問題行動を起こしたりする場合が多いんですよね」と先生。
「はあ……」(まだ半信半疑)
「とくにパグは頑固で難しい性格だからね」

で、その先生にすすめられた、対処法その一。

「基本的に、犬を無視する」
もちろん遊んでやったり、散歩したり、
おやつをあげたりする時はかまってもいいんだけれど、
それ以外では、まるでその場に犬がいないように振る舞う。

「精神的な問題で犬がかゆがるというのは、かまって欲しい、という場合もあるけれど、小玉さんの家の場合、家族が多すぎて、逆にかまわれ過ぎて、ストレスになってる可能性が高いんですよ。犬が勝手に過ごしてくれれば一番なんですが、パグの場合、サービス精神が旺盛すぎて、つねに人間を喜ばせようと考えてる。で、この子は家族全員にサービスしなくちゃいけなくなって、気を遣いすぎてる。そのストレスでかゆがってる感じなんですね」

だから、犬の負担を減らすために、
人間は基本的に犬にあまり興味を持たないように振る舞って、
サービスしなくてもいいんだ、と犬に気づかせてやる必要がある、と。

理屈はわかるのですが、これ、ものすごく難しかったですよ……。

だってその日、病院から帰って、家族に協力をたのんで、実行したら、
突然、存在を否定されてしまったパグ犬雄、家族の間で立ちつくして、
泣きそうな顔でしっぽをだらんとさせて、
まさに茫然自失状態。

もう、かわいそうで、かわいそうで、胸が痛くなりました。
いつもはしっぽをくるくるに巻いて、
みんなにかまってもらってうれしそうにしている奴なので。

それでも数日間は、かなり、がんばったんです。
やってみなくちゃわからないことだし。

ちなみに、この間も、ステロイド剤の服用は続けていました。
ステロイド剤って、切り方が重要で、いきなりやめてしまったら、
ドッと体に負担がきてしまうらしいのです。
だから、少しずつ減らしていかないといけない。

それに、ステロイド剤自体が、絶対に悪いというわけではないし、
使い方によって、すばらしい薬剤とも聞きます。

重要なのは、のませる頻度とのこと。
その病院では、どんな量のステロイドを与えるにしても、
二日に一度、という頻度が決められていました。

理屈を書くと長くなるので省きますが、
とにかく、二日に一度。


で、一週間後にまた病院に行って、
「三日間は先生のおっしゃるように無視する作戦をしてみましたが、とても続けられないですよ。それにあんまり効き目も感じられなくて……」

怒られるかも?と思っていましたが、
「三日は続けたんですよね? うーん、それでまるきり変わらないとなると……」


結局のところ、この後も、いろいろな方法を試すことになりました。

精神を落ち着かせる薬。
抗免疫薬。
人間のアトピー用の、濡らして着る、包帯のような布などなど……。


いろいろやりましたが、「一番効いた!」と感じられたのは、
ステロイド剤を二日に一度にしたこと。

それまでは、近くの動物病院の指示に従って、
一日二回、ステロイドを与え続けていたせいで、
実はかなりの副作用が出ていました。
肝臓が悪くなって、
皮膚にも、かゆがるということ以外に異常が。

パグって本来、ものすごく毛が抜ける犬種なのです。
毎日毎日、指でつまむだけでぼろぼろ大量に抜けていくのが普通。

なのにステロイドを与え続けている間に、
うちのパグ犬雄、毛が抜けなくなったのです、ほとんど。
そして毛をかき分けて皮膚を見ると、
白いはずの地肌が黒く変色していたのです。

それが、二日に一度の服用にかえたら、
それまで抜けなかった毛が抜けて、新しい毛が生えてきました。
そして黒ずんだ皮膚がかさぶたのようにむけていき、
下から薄ピンク色のきれいな地肌が出てきたのです。

毎日飲ませている間は、一度ひっかいたりして皮膚が傷つくと、
治るまでに一週間、二週間とかかっていたのが、
驚くべきスピードで治るようになりました。

後から考えてみると、その治癒スピードが本来の能力なんですよね。
代謝が活発だから毛もたくさん抜けて、どんどん生えてくる。
だから傷がついてもすぐに治る。
そんな仕組みなのだと思います。

かゆくなって、掻きむしって、傷をつけて、治りが悪くて、
ますますかゆくなる。
それでまた掻いて、傷が悪化して……。

ひどい悪循環が続いていたというわけです。



皮膚専門病院に行くまでは、体のあちこちにハゲができたり、
皮膚がぺらぺらに薄くなって毛がなくなり、
そこを触ると常にペトペトしている、という
実に気持ちの悪そうな状態になっていたのが、
どんどん回復して、皮膚は丈夫になり、
掻いたり噛んだりして傷ついても、
どんどん治っていく。

明らかに、良くなっていったのです。
かゆがり方も、ずっとマシになりました。
それまでは、見ていられないほど、
きつく、長く、掻きむしり続けたりしていたので。


ほんとに、あの病院にはお世話になりました。




……しかしそれでも、やはり、普通の犬と比べるとかなりかゆがる。


(続きはまた明日か明後日に)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/18-068bec2f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。