FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/15-6dc49682

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

極楽


たぶんチェンライに行った時の写真。
犬のような、何か。かわいい。

チェンライ?


同じくチェンライで。
民族資料館的な施設に付随したおみやげ屋さんで吊されていた、犬的な、かわいい木彫り。

チェンライ? 吊された何か


たぶん目に怪我をした時の画像。ファンシーな背景はエリザベスカラー。

おそらく去勢手術後でエリザベスカラー




バンコクでもどこでもだいたいそうですが、
旅先でも、僕は仕事をします。
テキトーに起きたらまず朝食をすませ、
部屋に戻って原稿書き。

普段とだいたい同じ量をやって、
それから、ラウンジに電波が飛んでいる場合、
ラップトップを持ってメールチェックしに行って、
いつも見ているサイトを巡回して……。
(まるきり、家にいる時と同じ……)

その頃になると、もう昼近く。
どこか、今日のメインと決めた場所までまず出かけて、
その周辺でチェックしてあったお店でご飯。

メインと決めた場所、ですが……。

たとえば、
「あまり観光客の行かない寺院があって、穴場なんだよね、パワースポットなんだよね」
とか、
「現地の人しか相手にしない市場があってね、そこ、見て回るだけで面白いんだよね」
とか、
「きれいな公園があってさ、そこでのんびりすると癒されるんだよね」
だとか、

そんな風に言ってみたいところですが……。
言ってみたいだけで、実際には違います。


実際には……、

たとえば、

素敵なものがそろっていると評判の、
雑貨屋さん(つまり観光客しか行かない)。

品揃えのいいスーパー。

ぜひここで食べてみたい、と思った食事処。
(つまり食い気だけ)


こんな感じですね、僕にとってのメインの場所。
若い女の子か、おばさん同士の旅行で回るようなところばかり。
おじさんの一人旅なのに。

そして、そんな場所をちょっとだけうろちょろした後は、
バンコクだったら、足マッサージ。
その後、どこかでおやつを食べたりなんかして、夕方にはホテルに戻る。

なぜならば……、

カクテルタイムが待っているから。


クラブラウンジのカクテルタイム、好きなんですよ。
すごく図々しく、長居します。
しかしあまり飲める方でもないので、まあ、
ワインなり、ビールなり、カクテルなり、
せいぜい三杯か四杯程度飲んで、おつまみもらいながら、
ネットしたり(またか!)、
読書します。

念のために言っておきますが、本来、クラブラウンジのカクテルタイムというのは、
食事に出かける前に、食欲を増すために、軽く一杯ひっかけるためのもの。
長居するものじゃないですよね……。

しかし僕は長居します!

おつまみをいくつか食べてしまったりすると、お酒飲んでるせいもあって、
それで夕食はもういいか、という風にもなります。
(なのに少しもやせない……)

お酒が入って食欲もなくなった場合は、もう夕食に出かけることもせず、
部屋に戻り、読書。
せっかく旅行で来ているのに、昼食しかタイ料理食べないこともけっこうあるという……。
そして、アジア一の繁華街バンコクだというのに、夜遊びもしない。
興味もないし、面倒くさいから……。

もちろん、何か用があったり、
やっぱりちゃんと夕食食べようと出かけることもあるのです。
そんな時、たまたま繁華街近くを歩いたりすると、
タイ人の女の子を連れて楽しげに歩いている酔っぱらい白人軍団
(短パンにノースリーブTシャツなんかを着がちな、筋肉自慢の男たち)
に出くわして、

「男っぽい……」

とちょっとうっとりもします。
そういう、テストステロンあふれる男に弱いのです、僕。
だってそういう連中って、汗かきながら夜の町を練り歩いて、
お金で買った女の子の腰を抱いて、
やたらビールを飲んで、大声で笑いあったりして……。

「ステキ……」

シビレます。

しかし、そういうものを拝むためだけに出歩くのはやはり面倒。
どんなに好きでも、そのために努力するのはめんどうくさい……。


なので、たとえ夕食に出かけても、たいていはすぐにホテルの部屋に戻り、
のんびりしてます。


あー、旅好きな人が読んだら、
「こいつ、なんのために……?」
って思うでしょうねえ。

だけどこういうパターンが一番好きなんですよ。
きっと友だちとか家族とかと出かけていれば、
もっと違うこと、すると思うんですけど、
一人だと、ほんとにしたいことしか、しなくなる。

それが極楽。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/15-6dc49682

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。