FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/111-67bf1b1f

トラックバック

コメント

[C472]

個人的には、1本にまとめてもらった方が
まとめて読めるし、書籍管理しやすいので助かります(・∀・)
  • 2012-11-12 18:09
  • はこ
  • URL
  • 編集

[C474] Re: タイトルなし

あー、やはりそうですか、、、
ちょっと考えます!
  • 2012-11-12 20:08
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C475]

どちらにしても買わせていただくので、分割することで新規のお客さんが増えて、続刊がしやすくなるのであれば、分割でもかまいませんよ。まとまってた方が読みやすいのは、言うまでもないですけどね。
  • 2012-11-12 20:34
  • むんく
  • URL
  • 編集

[C476] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C477] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C478] Re: タイトルなし

ごめんなさい、結局、前後編に分けました。
なんだか一作で五百円、というのがすごく高く見えてくるので。
自分で値段つけといてなんですけど、この手の小説の配信価格は強気ですよね、、、、
すごくたくさん売れるのがわかっていれば、安くできるんでしょうけども。

今日か明日から第二弾が配信されるはずです。
  • 2012-11-15 11:06
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C479] Re: タイトルなし

両方ともうちの犬ですよー。
レースに見えますが、電話のコードでできてるみたいでした。
編んであるのではなく、たんに貼り付けてある感じ。
父は落ち着いてます。
  • 2012-11-15 11:07
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C480] Re: 楽しみは

あ、あっちを買ってもらえたのですね。
ありがとうございます。
あちらには原稿をまとめて渡してありまして、
その中からあちらの方が選んで配信していく、という形なんですよ。
配信のプロの方たちなので、商売上手ということなのかと。
  • 2012-11-15 11:11
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

AmazonKindleストアで自費出版




本文と関係をありませんが、バンコクで食べた海老




同じく関係ありません。デパートにいた動物




かわいい看板




唐突に犬




二匹











何度も宣伝してますが、
アマゾンのKindleストアで僕の小説が配信されています。

普通に日本のアマゾンのKindleストアで
「小玉オサム」と検索すれば、
戎橋さんの漫画と一緒に、
僕の小説が表示されるようになってます。

今までも小説の配信はしてますが、
今回は完全に自力での配信。

こちらでは、
古川書房(Gメン、SM-Z)以外、テラ出版(バディ)以外で
掲載していただいた作品を配信していく予定です。

具体的には、
『サムソン』『豊満』『さぶ』『薔薇族』などに
載せていただいた作品。



電子書籍販売サイトというのは、基本的に書店なので、
どの作品をどのサイトで売り出すかというのは
著作権を持っている作者の自由らしいです。

たとえば、紙の本を出版したとして、
特定の本屋でしか売らない、
なんて話、聞かないですよね?
本を出したらできるだけいろんな本屋さんで売ってもらう
というのが普通。

しかし実際にはまだまだ、
電子書籍販売サイトが出版社的な態度をとっていることもあり、
たとえ僕が書いた小説でも、
あっちでもこっちでも売る、というのは難しい。
出版社からしたら、どこでも好きに売られたら
いわゆる中抜きってことになるので、
そりゃあ、面白くない話ですよね。
筋を通すという意味でも、あんまり勝手にはできないかな、と。


なので、Amazonでは
残念ながらもう付き合いのなくなってしまった出版社、
配信事業をやっていない出版社
に載せてもらった作品を売り出していく予定です。

こことツイッターでしか宣伝できないので、
あんまり売れないだろうけど……。
でも、読んでくれる方が一人でもいれば、うれしい話なので。






Kindleストアで本を出す場合、
いくらで売るかも著作者の自由なんですけど、
値段の付け方も悩みどころ。

高くしたら当然、買ってもらえないし、
しかし他の書籍サイトでも僕の作品が売られているわけで、
そこでの値付けから考えると、
あんまり安くするのも整合性がとれなくなるというか、
なんというか……。

短い作品を単品で売るのはまだいいんですよ。
199円とか299円とかにすればいい。
気軽に買える値段にできる。

問題は、元々、三回連載などで発表された作品。
一本にまとめて500円とか550円にするか、
前後編に分けて、
前編、後編と250円ずつで売り出すか。
もともとの三回連載そのままに分けて、
一本170円とかにするか。

以前、読んでくれた方はまだしも、
初めて読んでもらえる、という方の場合、
いきなり500円出すより、
170円で前編を買って、残りを買うかどうか決める、
という方がいいのかな……。

しかし、全部読むつもりで買ってくれる方にとっては、
ひとつの作品がバラバラになっているのは読みづらいのかな、
とも思えて。

いっそ、一本にまとめたバージョンとバラバラバージョンと
両方いっぺんに売り出すか。
でもそれもめんどくさいし、紛らわしい……。


今週は
『弁護士 隈吉源三』の第二弾を配信するつもりなんですけど、
様子見で三回に分けちゃおうかな……。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/tb.php/111-67bf1b1f

トラックバック

コメント

[C472]

個人的には、1本にまとめてもらった方が
まとめて読めるし、書籍管理しやすいので助かります(・∀・)
  • 2012-11-12 18:09
  • はこ
  • URL
  • 編集

[C474] Re: タイトルなし

あー、やはりそうですか、、、
ちょっと考えます!
  • 2012-11-12 20:08
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C475]

どちらにしても買わせていただくので、分割することで新規のお客さんが増えて、続刊がしやすくなるのであれば、分割でもかまいませんよ。まとまってた方が読みやすいのは、言うまでもないですけどね。
  • 2012-11-12 20:34
  • むんく
  • URL
  • 編集

[C476] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C477] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C478] Re: タイトルなし

ごめんなさい、結局、前後編に分けました。
なんだか一作で五百円、というのがすごく高く見えてくるので。
自分で値段つけといてなんですけど、この手の小説の配信価格は強気ですよね、、、、
すごくたくさん売れるのがわかっていれば、安くできるんでしょうけども。

今日か明日から第二弾が配信されるはずです。
  • 2012-11-15 11:06
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C479] Re: タイトルなし

両方ともうちの犬ですよー。
レースに見えますが、電話のコードでできてるみたいでした。
編んであるのではなく、たんに貼り付けてある感じ。
父は落ち着いてます。
  • 2012-11-15 11:07
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

[C480] Re: 楽しみは

あ、あっちを買ってもらえたのですね。
ありがとうございます。
あちらには原稿をまとめて渡してありまして、
その中からあちらの方が選んで配信していく、という形なんですよ。
配信のプロの方たちなので、商売上手ということなのかと。
  • 2012-11-15 11:11
  • 小玉オサム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

小玉オサム

Author:小玉オサム
ゲイ雑誌各誌に小説を送りつけ続けて、22年。
白髪の目立つ43歳。鼻毛にも白いものを発見! 鼻くその話じゃないよ。

カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。